紙の周辺

2017年8月 9日 (水)

身にまとう罫線

image
→(Limited-Edition 'Eff You' Pinstripe 3-Piece Wool Suit Made-to-Measure – David August, Inc.さん)

ふつう衣服で表現される罫線は、ストライプって言われますよね。

いやいや今日は、それでも罫線なんです。

続きを読む "身にまとう罫線"

| | コメント (0)

2017年8月 7日 (月)

こぼれない方法

image
→(ドリンクの持ち運びも、これ1つで安心。絶対にこぼれないドリンクホルダー SpillNot 誕生! | DISCOVER(ディスカバー) |まだ見たことのないものを発見する動画ショッピングサイトさん)

こぼすことによる経済的な損失ってどれくらいなんだろう。
こぼした量による損失と、汚染による損失。あと凹む。

もしかしてこぼさないことって、すっごい貢献度なんじゃないだろうか。人類にとって。

続きを読む "こぼれない方法"

| | コメント (0)

2017年8月 4日 (金)

文字を見つけよう!

image
via→(Amazon | フォントかるた | フォントかるた | かるた 通販さん)

たとえば、漢字。
文字として読むことができなければ、そもそも模様のように見えるはずなのです。

模様として認識するか文字として認識するかは、使われる脳の領域が異なるようなのですよ。

続きを読む "文字を見つけよう!"

| | コメント (0)

2017年8月 3日 (木)

謎肉の謎肉さっぷり

image
→(謎肉キューブ | 日清食品グループ オンラインストアさん)

昨日のカップヌードルつながりで。
謎肉っていうコトバがどこから出たのかは知らないのですが、もはや日清食品さん自身でも使ってるってすごくないですか。
そのつくりかたが謎だからかもしれないのですが、なによりあの立方体のフォルムが画期的な謎感だと思うのです。

続きを読む "謎肉の謎肉さっぷり"

| | コメント (0)

2017年8月 2日 (水)

カップラーメンのあの容器は

image
→(カップメンカップさん)

カップラーメンのあの容器は、もう世界で誰が見てもそれとわかる容器になってるのです。
なのであの容器を見れば、
何が入っているのかも、何をしようとしているのかも、瞬時にイメージしちゃう。

続きを読む "カップラーメンのあの容器は"

| | コメント (0)

2017年8月 1日 (火)

窓に貼る新しい未来

image
→(Self-powered system makes smart windows smarterさん)

住宅でエネルギー効率に最も影響を与えているのは、窓なんです。
たとえばこの夏の暑さ、それって窓ガラスからの熱かもしれませんよ。

ガラス単品は、とっても安定した優れた材料なのです。今後もずっと使われるはずなのです。
もしガラスになにかを貼るだけでより性能を向上させられるのだとしたら?

続きを読む "窓に貼る新しい未来"

| | コメント (0)

2017年7月31日 (月)

段差を乗り越え、食べる、食べる!

image
via→(Delica table tray | Delica | Shopさん)
食べやすさの環境だって味に影響すると思うけど、あんがい多いみたいなのです、食事の段差。

そしてそこはデザインの力の出番です。いわば食事のバリアフリー化。

続きを読む "段差を乗り越え、食べる、食べる!"

| | コメント (0)

2017年7月28日 (金)

これは!!革新的な爪切りと歯ブラシ

image
→(Nail Capsule by Gerard O Leary — Kickstarterさん)

あれなのかな、もしかするとキックスターターは、人類の知恵の結晶が見られる現代のアレクサンドリア図書館なのかもしれません。

続きを読む "これは!!革新的な爪切りと歯ブラシ"

| | コメント (0)

2017年7月27日 (木)

聞けば、なれる。

image
→(妖精に変身!エルフ耳イヤフォン | スマートフォン関連,イヤホン | サンコーレアモノショップさん)

例えばメガネだって。
顔の一部になるためには、歴史上何十年もかかったはずなんです。

続きを読む "聞けば、なれる。"

| | コメント (0)

2017年7月26日 (水)

明和電機さんのあの作品に会える2つのチャンス

image
via→(無印良品 有楽町 ATELIER MUJI「無印良品と明和電機をくらべた展 ナンセンス計測のこころみ」 | イベント | 無印良品さん)

明和電機さん。もう説明不要なアートユニットなのです。
そういや上の写真の魚コード(なこうど)、20数年前に購入した記憶が。
いまも実家のどこかで使ってもらえる日を待ってると思うのです。

続きを読む "明和電機さんのあの作品に会える2つのチャンス"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧