« ぴったりはまるって気づいたときの、あの感じ。 | トップページ | 100年先の未来でも、人は靴紐を結ぶのだろうか? »

2018年9月 3日 (月)

2つにわけてみた。

image
 

■MITが発見したスパゲティを2つに折る方法

→(【やじうまPC Watch】MIT、“必ず3つ以上に折れる”スパゲッティの乾麺を2つに折る方法を発見 - PC Watchさん)

そもそも乾麺の状態のスパゲティを折ったら必ず3つになっちゃう、ってことに気づいてませんでした。そうなるらしいのです。
 

■靴を片方ずつ収納するためのバッグ

→(ありそうでなかったデザイン。1足ずつ左右が分離する「クイック・シューズバッグ」を使ってみた | ライフハッカー[日本版]さん)
→(最速のパッキングを約束する画期的な収納バッグセット「Taskin Kompak System」 - machi-ya(マチヤ)さん)

なるほどなあ。一つにも2つにも分離できるなら、たとえばスーツケースの中で収納のバリエーションが増えるのです。
 

■2色のボールペンを使い分ける

→(世界初のリキッドタイプ、2色マーカーの採点ペン「ツインクル★スター」なら - Vスパークさん)

どういう状態なのかはぜひリンク先で。
色も太さも違うのです、そしてそれがリキッドインクで可能。「持ち替える」ことで芯を変更するのです。

via→(2色ボールペン『V』 - (有) Vスパーク - 製品検索 - 第29回 国際 文具・紙製品展 通称:ISOT - | リード エグジビション ジャパンさん)

 

|

« ぴったりはまるって気づいたときの、あの感じ。 | トップページ | 100年先の未来でも、人は靴紐を結ぶのだろうか? »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぴったりはまるって気づいたときの、あの感じ。 | トップページ | 100年先の未来でも、人は靴紐を結ぶのだろうか? »