« ハンバーガー!と思ったら その2 | トップページ | figmaの企画会議が超楽しそうな件 »

2018年6月 6日 (水)

ものが うごく しくみ

→( Flippin' Cool 3D Printed Walking Robot - YouTubeさん)

なぜそう動くのか全く知らないまま使っているものってあります。

だれもが知っている動きを組み合わせることで、複雑な動きを実現しているものもあります。

今日はものがうごくしくみ。


image   →(Flippin' Cool 3D Printed Walking Robot - YouTubeさん)

見事に歩行してます。動力は回転する円筒。

いっけんすると永久機関なんじゃないの?くらいの自然な動き、よく見ると健気に円筒は自走してるのです。

もうね、いつまでも見てられますよ。
     
image   →(せりあがれ!演歌歌手! - デイリーポータルZさん)

あの動きを不思議に思った人って多いと思うのですよ。

あの細さ、ぎっしり詰まったのりの中で、回転するだけでせりあがってくる。

そしてのりが減ってきてはじめて、中の機構がわかるのです。
     
image   →(何回やっても覚えられないやつ。ポストによくある「ダイヤル錠」の仕組みがよくわかる透明レプリカ | ギズモード・ジャパンさん)

錠の仕組みって代表的なブラックボックスだと思うのですよ。普段使っているのに、中身を知らない。

そして知られないことが機能の上で重要だっていう事実。

透明なアクリルプレートで製作した例です。

|

« ハンバーガー!と思ったら その2 | トップページ | figmaの企画会議が超楽しそうな件 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハンバーガー!と思ったら その2 | トップページ | figmaの企画会議が超楽しそうな件 »