« すべてのものがネットにつながる世界ってどんなだろう? | トップページ | 文章に暗号を埋め込む技術 目に見えるもの編 »

2018年6月25日 (月)

着ることができる◯◯

→( Tent That Transforms Into A Jacket Is Saving Refugees - YouTubeさん)

ノマドワーカーさんたちは。
いまこの時も遊牧民的に仕事をされているんでしょうか。

そして都会で、本当に完全な遊牧民生活って可能だろうか。
そのとき人は、何を着るんだろう。


image   →(【ADIFF】着るテント / 雑貨通販 ヴィレッジヴァンガード公式通販サイトさん)

携帯できる家なのか、テントになる衣服なのか。どっちもですね。

逆に家ってなんだろう、って思ってしまいます。建築関係者としては。
via→(普段はジャケットコート、いざという時はテントに! 今すぐここで寝たいが叶う「着るテント」がヴィレヴァン通販で予約販売開始 - ネタとぴさん)  
     
image   →(産総研:曲げられるラジオを内蔵した野球帽さん)

曲げられるラジオをつばに仕込んだ野球帽なのです。

つまりこれ、衣服として着用できる電気的な回路が可能ってことですよねえ。近い将来スマホも着るようになるのかもしれません。
via→(野球帽のつばに仕込める「曲がるラジオ」 産総研が開発 - ITmedia NEWSさん)    
     
image   →(Wearable Mobility | Yanko Designさん)

最後は移動手段をも着ちゃうのです。

もしかすると次の段階は、人体そのものの拡張なのかもしれません。自らの体に住まい、移動し、情報を得る。そんな未来。
via→(Wearable Mobility | Yanko Designさん)    

|

« すべてのものがネットにつながる世界ってどんなだろう? | トップページ | 文章に暗号を埋め込む技術 目に見えるもの編 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« すべてのものがネットにつながる世界ってどんなだろう? | トップページ | 文章に暗号を埋め込む技術 目に見えるもの編 »