« 食べられるつり革 | トップページ | 組み合わせて使おう! »

2018年5月18日 (金)

無印良品のポリプロピレンスタンドファイルボックス・A4用・半透明タイプもモデルチェンジした件

image

無印良品さんのポリプロピレンスタンドファイルボックスってあるじゃないですか。
もう定番中の定番です。

そのA4用ホワイトグレーがモデルチェンジしたという記事を以前に掲載しました。

→(無印良品のポリプロピレンスタンドファイルボックス・A4用・ホワイトグレーがモデルチェンジした件: カミノデザイン【kaminodesign】)

そしてこの5月、半透明タイプのほうもモデルチェンジしたのです。

ちなみに「半透明タイプ」は商品名ではありません。「ポリプロピレンスタンドファイルボックス・A4用」が正式名称です。

上の写真で左が従来の型番15318476、 右が新しい型番02555696です。型番そのものも変更になりました。 
新しい販売ページ→(無印良品 | ポリプロピレンスタンドファイルボックス・A4用約幅10×奥行27.6×高さ31.8cm 通販さん)

いっけん同じように見えますが…
ですがよく見ると、無印良品さんらしい改良が施されているのです。
定番を定番のままにせず、絶えず改良を続ける姿勢ってすごいと思いませんか。


image   肉厚が変更になった

左が従来、右が新しいタイプです。ご覧のとおり薄くなっています。

とはいえ公式の内寸法はうちのり幅92mmのまま変わっていません。

これはプラスチックの場合、奥に行くほど厚みが大きくなるテーパーがついていて、内寸が一定ではないことが影響していると思います。

またファイルボックスはどうしても口が左右に広がるため、従来は横に複数並べると隣同士で少しずつ隙間が空いたのです。今回の改良で、この広がりがかなり改善されている印象を受けました。(個体差かもしれませんが。)
     
image   奥行きが若干大きくなった

これはもう言われても気づかないレベルの差なのですけれど。

新旧並べると、ほんの少し、新しいバージョンのほうが奥行きが大きくなっています。
とはいえ公称寸法は奥行き約276mmで変わらないため、本当に微妙な差なのです。
     
image   表が裏に、裏が表になった

これはどういうことかと言いますと。

従来の商品は、左のように背の低い側に商品ラベルが貼ってありました。
つまりこちら側が表として陳列されていたのです。

ところが新バージョンでは、背の高いほうにラベルが貼られています。
とうぜんこちら側を表として陳列されるようになったのです。

でもその理由がわかりません。
想像するのですが、背の低いほうを表にするとホコリが入りやすく、またそのホコリも目に付きやすくなります。裏にすれば解消されます。…と考えてみたのですがどうだろう。
     
image   軽くなった

これすごい。

おそらくこれがチェンジの最大の目的だったのかもしれません。
約34gも軽くなったのです。これってすごいことですよ。
だって従来は、2個3個をお店から買って帰るの、大変だったのです。

…あれ?
旧タイプのホワイトグレータイプは、重さが1個約526gありました。
つまり旧タイプでは、半透明のほうが約12gも軽かったということになります。いま初めて気づきました。

新バージョンではほとんど同じ仕様となっていますよ。

|

« 食べられるつり革 | トップページ | 組み合わせて使おう! »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 食べられるつり革 | トップページ | 組み合わせて使おう! »