« 段差を乗り越えるデザイン | トップページ | 弁当箱のデザイン »

2018年5月 8日 (火)

空間に線を引く方法

→( Shantell Martin: See the world as your canvas with AR - YouTubeさん)

空間内に立体的に絵を描く。

ドラえもんの世界だったことが、ごくごくあたりまえにできる時代になっちゃってました。
もうすこしたてば、描いた絵が立体化できるようにもなるのかな。


image   Just a Line

→(Shantell Martin: See the world as your canvas with AR - YouTubeさん)
このすごさは動画を見ないとわからない。
Googleの「ARCore」技術、対応スマホでアプリが使えます。まるでスマホが別世界の窓口のようにさえ見えるのです。
via→(Just a Line - Draw anywhere, with ARさん)  
     
image   夜空におえかき

→( 夜空におえかき - YouTubeさん)
こちらは実際に光るペンで空間上にお絵かきできますよ。その姿を専用アプリで撮影します。 買いました。

とはいえ発売からもう5年、公式ショッピングサイトではもう取り扱われていないようで、早い目の入手が吉。
→(夜空におえかき | スペシャルサイト | タカラトミーアーツさん)    

|

« 段差を乗り越えるデザイン | トップページ | 弁当箱のデザイン »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 段差を乗り越えるデザイン | トップページ | 弁当箱のデザイン »