« ハンマーを持ってみる | トップページ | ちぎった紙を割符にしてデータの受け渡しを行う技術 »

2018年4月25日 (水)

ゲームが小さくても楽しさは同じだっていう事実

image
→(Credit Card Chess Set (NYKJYU5GE) by Innovoさん)

滋賀県に伝わる、カロムっていうボードゲームがありますよねえ。
あれを初めてみた時に、大きいことにびっくりしました。
4人対戦ってことと指で弾くことからあのサイズになっているのだと思います。
ルールがサイズに影響する例ですね。

今日はサイズがちっさいゲーム。


image   カードサイズのチェス

→(Credit Card Chess Set (NYKJYU5GE) by Innovoさん)

駒とボード付きで財布に入ってしまいます。穴に差すことでサイズの問題をクリアされています。駒のデザインが区別できるサイズなら、プレイは問題なくできるっていうことですね。
via→(財布に入るよ。世界で一番使いづらそうなミニミニ・チェスセット | ギズモード・ジャパンさん)  
     
image   カードサイズのテトリス

→(Tetris® MicroCardさん)

こちらはカードサイズのテトリス。
それでもボタン操作は必須なので、結果として画面よりもボタンサイズのほうが大きいことに。
いや、このサイズでもちゃんと認識できるテトリスっていうゲームの凄さかもしれません。
via→(名刺サイズのゲーム機「Tetris MicroCard」レビュー:ミニ薄でもテトリスの没入体験を | ギズモード・ジャパンさん)    
     
  小さいルービックキューブ

→(Now stickered - WR 6mm Rubik's Cube (Subatomic Cube) - YouTubeさん)

手のサイズがもっとも影響するものの一つだと思うのです、ルービックキューブ。
そしてサイズが小さくなることで、より難易度が上がってしまうという事実。

|

« ハンマーを持ってみる | トップページ | ちぎった紙を割符にしてデータの受け渡しを行う技術 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハンマーを持ってみる | トップページ | ちぎった紙を割符にしてデータの受け渡しを行う技術 »