« サイズの問題 マックとケンタの場合 | トップページ | Googleの文字と顔を認識するサービス »

2018年2月22日 (木)

小さくたため、強度も高い技術

image
→(Micro VR Kit | 手のひらサイズまで縮小した紙製スマホVRゴーグルさん)

ふだんは小さく畳め、使うときには大きくなる。
となると密度は下がるけど、強度はちゃんと維持できる。

…まるでドラゴンボールに出てくるホイポイカプセルのような夢の技術に聞こえますが、ちゃんと実現している製品があるのです。


image   Micro VR Kit

→(Micro VR Kit | 手のひらサイズまで縮小した紙製スマホVRゴーグルさん)

ご覧のとおりのサイズ、広げるとVRゴーグルになるのです。蛇腹であることが畳めることとスマホのサイズに追従することの両方を担っているスマートさ、さらにはスマホそのものがゴーグルの剛性を確保することになるスマートさ。天才のアイデアです。
via→( Micro VR Kit - YouTubeさん)  
     
image   ハニカム・ボードカバー

→(Flexi-Hex - 100% recyclable, re-usable packaging for board sportsさん)

紙でサーフボードを安全に梱包する技術。見た目は棒状、突き刺すとハニカム状に広がってちゃんとカタチに追従するのです。これすごいよ。突き刺すだけ。それだけで手に入る最高性能。
via→(boex's cardboard honeycomb design reduces packaging time and enhances board protectionさん)    

|

« サイズの問題 マックとケンタの場合 | トップページ | Googleの文字と顔を認識するサービス »

紙を加工する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サイズの問題 マックとケンタの場合 | トップページ | Googleの文字と顔を認識するサービス »