« SketchUpにはウェブブラウザ版がある件 | トップページ | 惑星のそばにいること »

2018年2月 7日 (水)

じつはここにもあった数学

image
via→( Math whizzes of ancient Babylon figured out forerunner of calculus - YouTubeさん)

きっとその昔。
数学は特殊な学問ではなくて、生きていくための方法だったのだと思うのです。


image   古代バビロニアに微積分

→(Math whizzes of ancient Babylon figured out forerunner of calculus - YouTubeさん)
なのだそうですよ。

テクノロジーや資源にはその時代ごとの制限があるのかもしれません、
でも人が考えることには制限がないのですきっと。
via→(西洋人より1,400年以上前に微積分やってるバビロニア人がいた! | ギズモード・ジャパンさん)  
     
image   サイコロを振るといつか整列する

→(Physics - Focus: Dice Become Ordered When Stirred, Not Shakenさん)

筒に注いだ小さいサイコロ、振るように回転させるとやがてみっちり整列しちゃうのだそうです。

その際の加速度によって整列にいたるスピードに天文学的な差がでるっていうのが面白いのです。
via→(小さなサイコロ数万個を入れた筒を左右に回し続けるとサイコロがみっちり詰まった状態になることが判明 - GIGAZINEさん)    
     
image   ポン・デ・リング数式

→(CHARTMAN(@CHARTMANq)さん | Twitterさん)

ぜひリンク先で確認してくださいな。
つまりこれ、手で小さい8個の球体をくっつけてつくるアプローチと、1行の数式を入力して作るアプローチが存在して、できあがりに見分けがつかないってことですよね。
→(CHARTMAN(@CHARTMANq)さん | Twitterさん)    

|

« SketchUpにはウェブブラウザ版がある件 | トップページ | 惑星のそばにいること »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SketchUpにはウェブブラウザ版がある件 | トップページ | 惑星のそばにいること »