« プラモデル化するってことは | トップページ | いま地球儀はこんなことになってますよ »

2018年1月11日 (木)

リングは飛び出して渡すべきなのです

image
via→(Rokshok, The Worlds First Engagement Ring Phone Case! on Vimeoさん)

時代は飛び出すことになってるようなのです、指輪。

リングを渡すときって驚かせたいっていう気持ちがあると思います。
そして驚かせる=飛び出す。
たしかに飛び出すのも時間の問題だったのかもしれないのです。


image   Rokshok
商品はこちら→(RokShokさん)
動画はこちら→(Rokshok, The Worlds First Engagement Ring Phone Case! on Vimeoさん)
これすごい。渡す=シャッターチャンス。スマホケースそのものがリングケースになっていて、飛び出すと同時に写真を撮れます。完璧につながるストーリー、そしてデザイン。
はい、もう完璧です。
via→(プロポーズの瞬間を逃さず撮影できる、指輪が出てくるスマホケース「Rokshok」 | mifdesign_antennaさん)  
     
image   Grace

→(Grace: The Lovely Ring Case To Create Your Timeless Moment. by 890 Pte. Ltd. — Kickstarterさん)
キックスターターに登場したリングケース。フタを開けるとポップアップの仕組みで回転しながら立ち上がります。
閉じた時に厚みがとても薄い、っていうのがいいのです。指輪が入ってるっていうイメージが少ないから。
via→(クリスマスやプロポーズに特別な瞬間を彩る シンガポール発“指輪入れに見えない”世界初のリングケース クラウドファンディングを開始(特許出願中商品)|890 Pte. Ltd.のプレスリリースさん)    

|

« プラモデル化するってことは | トップページ | いま地球儀はこんなことになってますよ »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プラモデル化するってことは | トップページ | いま地球儀はこんなことになってますよ »