« 断面図にすべてが現れるのかもしれない | トップページ | リングは飛び出して渡すべきなのです »

2018年1月10日 (水)

プラモデル化するってことは

image
→(KAISHO ONLINEさん)

プラモデルって、組み立て部分を購入者に委託しているわけです。
すると一体成型できない複雑な形状や機構であっても商品化できる。
購入者だって本来なら入手できないものを手に入れられるWin-Win。

きょうは最近みつけた新しいプラモデル(?)をご紹介。


image   対ひとり晩酌訓練用イセエビ
→(KAISHO ONLINEさん)

伊勢海老を組み立てて楽しむ画期的な商品。そしてそのことを象徴するように、パッケージはご覧のとおりまるでプラモデル。
すべてのストーリーがつながるこの商品、リンク先で実際に購入可能ですよ。
via→(組み立てて楽しむ肴「対ひとり晩酌用イセエビ」--心ときめくプラモ風の箱入り [えん食べ]さん)  
     
image   プラトモ

→(プラトモ - Google Play の Android アプリさん)

アプリで楽しむプラモデル。
だけじゃなく、え、これを組み立てるの?っていうアプリならではの楽しいアイデアが実現されているのです。
→(プラトモ - Google Play の Android アプリさん)    
     
image   カップヌードルプラモ

→(カップヌードル - 組み立て時間、3分? | Facebookさん)

カップヌードルの公式Facebookでは、カップヌードルを使った楽しいアイデアが公開され続けているのです。
たしかに定形パーツをお湯っていう接着剤でひとつにまとめますよね。
→(カップヌードル - 組み立て時間、3分? | Facebookさん)    

|

« 断面図にすべてが現れるのかもしれない | トップページ | リングは飛び出して渡すべきなのです »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 断面図にすべてが現れるのかもしれない | トップページ | リングは飛び出して渡すべきなのです »