« まわりまわって手が出る件 | トップページ | 3つあるけどひとつにまとめてみた »

2017年12月19日 (火)

真実は見えないところにいつもある

image
via→( Cápsula del Tiempo en Cristo de Sotillo de la Ribera - YouTubeさん)

百聞は一見にしかず、っていうコトバがありますよねえ。
でも現実には、一見は真ならず、っていう事例のほうが多いと思うのですよ。
一見そう見えることでも、じつはそうなるのに深い理由があったり。
どうやら真実は、見えないところに隠されているようなのです。


image   キリスト像の中から文書が

→(Cápsula del Tiempo en Cristo de Sotillo de la Ribera - YouTubeさん)

キリスト像のおしりの部分から18世紀当時の"いわれ"が書かれた紙が見つかったそうですよ。
日本の仏像などでも見られる例ですが、像そのものが時代を超えるタイムカプセル。
via→(キリスト像のおしりから17世紀の文章が発見される | ギズモード・ジャパンさん)  
     
image   見えないボルトを締める方法

→(김파티さんのツイート: "미국 왜 갑자기 위대해졌냐 https://t.co/wPRw1p7Vqx"さん)

この方法ならば、意匠的に隠したいボルトを全く見せずに部材を接合することが可能です。だって本当に見えないんだもん。その画期的な方法はぜひリンク先で。
→(김파티さんのツイート: "미국 왜 갑자기 위대해졌냐 https://t.co/wPRw1p7Vqx"さん)    
     
image   子ども時代だけ読める絵本

→(おかゆさんのツイート:https://t.co/EYR8jhZrBf"さん)

子ども時代にはちゃんと読めるピーターパンの絵本。ところが大人になると、全く読むことができません。
どんな方法を用いればそれが可能なのかは、どうぞリンク先で確認してくださいな。ステキ絵本。欲しいです。
via→(読めるのは子どもの間だけ。大人になると文字が見えなくなる絵本が話題さん)    

|

« まわりまわって手が出る件 | トップページ | 3つあるけどひとつにまとめてみた »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まわりまわって手が出る件 | トップページ | 3つあるけどひとつにまとめてみた »