« 黒板を身につける人たち | トップページ | マリオをダンボールで遊ぶ日 »

2017年12月 7日 (木)

新品にカバーをかけたら時代が遡っちゃうカバー

image
→(「写ルンです」プレミアムキット: フィルム | フジフイルムモール)さん

カバー文化。
きっと最初は製品を長持ちさせる目的だったと思うのですよ。
ところがやがて、カバーをかけることでデザインを変更できることに気づいちゃったのです。


image   初代写ルンですになるカバー

→(「写ルンです」プレミアムキット: フィルム | フジフイルムモール)さん

実際に公式サイトで販売されていますよ。初代の写ルンですになるシリコンカバー。
フィルムにレンズをつけちゃうっていう発想はいまでも驚きのアイデアなのです。そしてフィルムがなくても写真が撮れる時代が来るとは、当時は思いもしなかったのです。
via→(初代「写ルンです」っぽくなるプレミアムキット、数量限定販売 - ITmedia LifeStyle)さん  
     
image   古文書

→(古文書ブックカバー(文庫本_厚))さん
小川新聞店さんの古文書ブックカバー。どんな本でもまるで古文書を読んでいるかのように変身してしまいます。
リンク先でPDFダウンロード公開されている太っ腹。色も選べちゃううれしさ。
via→(これは素敵じゃないか!まるで古文書を読んでいるかのような「古文書ブックカバー」が秀逸 | 雑貨・インテリア - Japaaan)さん    

|

« 黒板を身につける人たち | トップページ | マリオをダンボールで遊ぶ日 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黒板を身につける人たち | トップページ | マリオをダンボールで遊ぶ日 »