« ものすごく特別なプラレール | トップページ | ぴったりはまる »

2017年11月30日 (木)

折れちゃう素材が、できました。

image
→(Tangible Media Group)さん

折るだけなら、薄くてある程度柔らかいもので可能なのですきっと。

でも折るっていうとふつう、折った状態で保持できることを指しますよねえ。
または折ったクセがつくとか。

折ったあと自然に戻って折り目が消えちゃうものは、折れる素材とはあんまり呼びません。でも今日紹介するものは。


image   aeroMorph

→(Tangible Media Group)さん
なんだかすごいぞ。
表面に刻まれた菱形模様。その大きさやパターン、角度を変えることでプログラムどおりに変形させる技術。
コトバだと難しいのでリンク先の動画をごらんくださいな。
平面がまるで生き物のように動くのです。
via→(折り紙のように形成。MITが近未来的な新素材を開発。 決定 | TABI LABO)さん  
     
image   changize(チェンガイズ)

→(折り紙のように革を折る。厚さ0.4mm変幻自在の折れる革「changize」 | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ))さん

まるで紙のように、革に折り癖をつけることができる驚異の技術。折り鶴を作ることさえ可能なのです。
Makuakeですでに300%超え。
via→(【トレたま】折り紙のように折ることができる革:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京)さん    

|

« ものすごく特別なプラレール | トップページ | ぴったりはまる »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ものすごく特別なプラレール | トップページ | ぴったりはまる »