« サイズの問題 | トップページ | 石をつくるひとたち »

2017年11月10日 (金)

紙+伝導性インク、の可能性

image
→(Mashable - New conductive paint kit allows you to draw...さん)

これおもしろい!
この技術でできる可能性やプロダクト。
たとえばポップアップの技術やペーパークラフト展開図の技術が、まったく新しいプロダクトを生むかもしれないのですよ。


image   伝導性インクがついてる

まずはこちらの動画をご覧くださいな。→(Mashable - New conductive paint kit allows you to draw...さん)

紙とLEDと回路と伝導性インクのキットになってます。
回路をペンでなぞって、紙を折り曲げて組み立てると…
→(Mashable - New conductive paint kit allows you to draw...さん)  
     
image   スイッチタイプ

たとえばスイッチをオンオフして点灯するタイプ。

いわゆる照明器具のシェードのかたち、丸められる紙がもっとも得意とする形状でもあるのです。
→(Mashable - New conductive paint kit allows you to draw...さん)    
     
image   手をかざすだけで

こちらのタイプは手をかざすだけで光を調節できちゃいます。

照明部分のデザインも、手の動作を邪魔しない最小限。しかもできるだけ一枚の紙で形作れるように設計されています。
→(Mashable - New conductive paint kit allows you to draw...さん)    
     
image   調光タイプ

こちらはダイヤル状の印刷で調光できちゃうタイプ。

照明器具もその効果が強くあらわれるまるでスピーカーのような形状。

機能とデザイン、両方のアプローチがあって成功したプロダクトだと思うのですよ。
→(Mashable - New conductive paint kit allows you to draw...さん)    

|

« サイズの問題 | トップページ | 石をつくるひとたち »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サイズの問題 | トップページ | 石をつくるひとたち »