« 存在が見えちゃってますけど、でも透明なんです | トップページ | 絆創膏と突っ張り棒の意外な共通点 »

2017年11月24日 (金)

2Dと3Dのあいだに

image
via→( CASIO デジタルシート - YouTube)さん

なかなか3Dプリンタが各家庭レベルまで降りてこないな、と思っていたら。

どうやら3Dの手前があるようなのですよ。

そしてこの手前の段階、もしかしたら3D以上に盛り上がるかもしれないのですよ。


image   2.5Dプリンターモフレル

→(2.5Dプリントテクノロジー「mofrel(モフレル)」 | CASIO)さん

カシオさんのプリンター。
その驚異のプリント結果はどうぞリンク先でご覧ください。
そして身の回りの床、壁紙、布、革、左官。いったいどれだけの凸凹した平面が存在することか。その可能性にびっくりするのです。
via→(プリンターも2.5D時代に? カシオが凹凸の印刷可能な新型プリンターを発売│WWD JAPAN)さん  
     
image   折紙式プリンターOri3D

→(共同開発 | 株式会社インターローカス)さん

画像から3Dデータを作成。
→簡略化したポリゴンを作成。
→展開図として折紙データに。
→組み立てる。
するとはい、平面なのに立体の完成です。大きさがわかれば強度はいらないっていう需要は確かにものすごく高いと思うのですよ。
via→(イノベーション・ジャパン 2014:3Dプリンタの斜め上をいく“和”の力! 折り紙式立体造形は新工法となり得るか? - MONOist(モノイスト))さん    
     
image   AMIMONO

→(3Dプリンターで作った糸を3Dプリント空間で編みあげる 「AMIMONO」(アミモノ) を発表しました|STARted (スターテッド))さん

出力した糸を編みながら3Dプリントする技術。
これはもう布ですよね。そしていっけん平面に見える布に、じつは複雑な構造が存在すると知るのです。
via→(樹脂かたびら!? 3Dプリンターで糸を編み上げる「AMIMONO」が誕生~体にフィットし、引っ張る・たたむが可能 - ネタとぴ)さん    

|

« 存在が見えちゃってますけど、でも透明なんです | トップページ | 絆創膏と突っ張り棒の意外な共通点 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 存在が見えちゃってますけど、でも透明なんです | トップページ | 絆創膏と突っ張り棒の意外な共通点 »