« 動画で入賞作品を見る!ゆうちょアイデア貯金箱コンクール | トップページ | はだしであることを意識するには »

2017年9月 4日 (月)

皮膚で体調を知る技術がある件

image
→(「特集 Feature」 Vol.16-1 人の機能を拡張せよ!人間支援ロボットテクノロジー(全4回配信) – 早稲田大学さん)

体温や血圧を計るのと同じように、体調の変化を測ることができたら。
ストレスを数値で知ることができたら。それもリアルタイムで。

それってすごくないですか。たとえば教室で先生がいう「どうした?顔色悪いぞ」に説得力が超生まれます。

それが可能な時代になりつつあるようですよ。


image   皮膚貼付型エレクトロニクス

→(「特集 Feature」 Vol.16-1 人の機能を拡張せよ!人間支援ロボットテクノロジー(全4回配信) – 早稲田大学さん)

早稲田大学岩田浩康研究室による研究から。回路を印刷したナノシートを肌に貼ることで、腕そのものがSuicaとして使えたり肌の酸性度が測れたりするそうです。皮膚が記憶媒体でありモニター。

via→(直接肌に貼るシート状電子回路開発 体調把握に応用期待 | NHK「かぶん」ブログ:NHKさん)  
     
image  

動画→(DermalAbyss: Possibilities of Biosensors as a Tattooed Interface on Vimeoさん)
体調によって色が変化するインクを利用したタトゥー。
これによって目視による体調変化の診察が可能に。
もちろん自分でもわかっちゃう。
健康なメイク疲れた顔のメイクが自動的に可能な時代になるのです。
via→(タトゥーの色変化で健康状態をモニタリングする「究極のウェアラブル」をMITが開発 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイトさん)    

|

« 動画で入賞作品を見る!ゆうちょアイデア貯金箱コンクール | トップページ | はだしであることを意識するには »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 動画で入賞作品を見る!ゆうちょアイデア貯金箱コンクール | トップページ | はだしであることを意識するには »