« 段差を乗り越え、食べる、食べる! | トップページ | カップラーメンのあの容器は »

2017年8月 1日 (火)

窓に貼る新しい未来

image
→(Self-powered system makes smart windows smarterさん)

住宅でエネルギー効率に最も影響を与えているのは、窓なんです。
たとえばこの夏の暑さ、それって窓ガラスからの熱かもしれませんよ。

ガラス単品は、とっても安定した優れた材料なのです。今後もずっと使われるはずなのです。
もしガラスになにかを貼るだけでより性能を向上させられるのだとしたら?


image   自分で発電し、自分で調光する

→(Self-powered system makes smart windows smarterさん)

現在でも透明と不透明を切り替える窓ガラスは市販されています。もちろん電力が必要です。
もし透明で、それ自身が発電し、日差しを調節できるシートがあったら?どうやらできたみたいですよ。
via→(まさに近未来! 透明と不透明が切り替わる窓ガラス。しかも動力は自ら発電…カギは透明な太陽電池|ギズモード・ジャパンさん)  
     
image   窓に貼れる透明な断熱材

→(産総研:天然高分子のキトサンを素材とした柔軟で透明な断熱材を開発さん)
窓に直接貼れる透明な断熱材があったら。住宅のエネルギー使用量は劇的に下がるはずなのです。車中で熱射病で倒れる子どもたちだっていなくなるかもしれません。
これって夢の素材。そして本当に近い将来、実現可能と知ったのです。
via→(カニの殻を窓に張る透明断熱材に|日経アーキテクチュアさん)    

|

« 段差を乗り越え、食べる、食べる! | トップページ | カップラーメンのあの容器は »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 段差を乗り越え、食べる、食べる! | トップページ | カップラーメンのあの容器は »