« ロボットがつくる風船 風船でできたロボット | トップページ | 人の足を足として使う椅子を比較してみる »

2017年8月23日 (水)

新しいコードは新しい情報を埋め込んじゃう

image
→(NEC、ペン書き1mmの点を識別タグとして活用する技術「マイドット」を開発 (2017年7月19日): プレスリリース | NECさん)

バーコードやQRコード。
情報の埋め込みと読み取りがセットになっていて、リアル社会に情報を書き込むなくてはならない技術になっています。

そんな情報埋め込み技術に、こんな新しいアイデアが生まれているようですよ。
テーマは、人とのリンクかもしれません。


image   ペンで点を打つとタグになる

→(NEC、ペン書き1mmの点を識別タグとして活用する技術「マイドット」を開発 (2017年7月19日): プレスリリース | NECさん)
市販のペンで打った点。どれも必ず異なるそうなのです。だったらそれってタグとして使用できるはず。それを実現したこの技術、一般の人が一般のペンで点を描くだけで識別可能になる、すっごいアイデアなのですよ。
→(もうバーコードもQRコードもいらない。ペンで書いたドットがタグになる|ギズモード・ジャパンさん)  
     
image   読めるコード

左の写真、HUMAN READABLE…と書いてあります。
これまで専用の読み取り機でなければ読めなかったコードが、これなら直接読めちゃう。
変換と読み取りには、専用のものが必要です。
変換はこちら→(http://hrqr.org/さん)
読み取りアプリはこちらから。→(HRQRを App Store でさん)
via→(prosthetic knowledge — HRQR - Human Readable Quick Response Code Project...さん)    

|

« ロボットがつくる風船 風船でできたロボット | トップページ | 人の足を足として使う椅子を比較してみる »

紙に描く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロボットがつくる風船 風船でできたロボット | トップページ | 人の足を足として使う椅子を比較してみる »