« スマホで長さを測る方法がある件 | トップページ | 脚じゃなくて足で支える机 »

2017年7月18日 (火)

外身と中身

image
→(mousegraphicsさん)

構造には、中身と外身があります。
目に見えているのは外身なので、つい中身があることを忘れちゃうのです。


image   魚パック

→(mousegraphicsさん)

小学生が切り身の魚の絵を描くエピソード、外身よりも中身のほうが身近なまれな例かもしれません、魚。

外身と中身がリンクする秀逸なパッケージ。
via→(Kefalonia Fisheries — The Dieline | Packaging & Branding Design & Innovation Newsさん)  
     
image   Barbie Anatomy Model

Jason Freenyさんの作品。
→(Jason Freeny Maker of Groovy Thingsさん)

外観のイメージが優先して、つい内部構造があることを失念してしまうものの代表かもしれません。
via→(Barbie Anatomy Model by Jason Freenyさん)    
     
image   The anatomy of war with sculptural intestine weapons

→(Noah Scalinさん)

こちらは内部を見せることによって、外観のイメージを変えてしまう作品です。

銃が意思を持つのか、使う人間が意思を持つのか。
via→(noah scalin conceptualizes the anatomy of war with sculptural intestine weaponsさん)    
     
image   The furless anatomy of bears

→(deborah-simonさん)

内部構造を外部に纏ったかに見える作品です。
ペットでもぬいぐるみでもなく、生きているそのもの。
via→(deborah simon embroiders the furless anatomy of bearsさん)    

|

« スマホで長さを測る方法がある件 | トップページ | 脚じゃなくて足で支える机 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スマホで長さを測る方法がある件 | トップページ | 脚じゃなくて足で支える机 »