« 外身と中身 | トップページ | 実はここが机として使える件1 »

2017年7月19日 (水)

脚じゃなくて足で支える机

image
→(Spaces etc. / An exercise in utilityさん)

今調べたんですけどね、テーブルの脚は足って書いていいみたいですよ。
辞書によると、足のあるテーブルを数えるときの単位が脚。つまり「きゃく」。

日本語って難しい。


image   足のあるテーブル

→(Spaces etc. / An exercise in utilityさん)

通常、成人男性の腰の高さはテーブルよりかなり高いのです。ちょっと意外な気もしませんか。

座って、つまり腰を下げてテーブルを利用するわけですから、考えてみればそりゃそうですよねえ。
via→(こりゃびっくりだね。半机人のおでましだ | ROOMIE(ルーミー)さん)  
     
image   足でささえるテーブル

→(Sati Tala - A new way of eating by Tany Jarus and Sagie Grunhaus — Kickstarterさん)

2人そろって初めてテーブルとして機能するのです。
これってもう2人の関係性のデザイン。
via→(Sati-Tala-new-way-of-eating-table-1 - Design Milkさん)    
     
image   足のあいだがテーブル

→(PicNic Pants | acquacalda | EN - acquacalda | experimental design studioさん)

もはや発明な携帯するテーブルです。とはいえこの絶妙な高さ、もしかすると伝統的にこの方法で食事をする文化があっても不思議じゃない気もするのです。
via→(花見シーズンに活躍する、斬新なアイディア「ピクニックパンツ」 | ROOMIE(ルーミー)さん)    

|

« 外身と中身 | トップページ | 実はここが机として使える件1 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 外身と中身 | トップページ | 実はここが机として使える件1 »