« 髪は何のためにある? | トップページ | ふだん使いが特別になる一品 »

2017年6月 7日 (水)

ダンボール箱で巨大な壁を作るには?

image
via→(New Zimoun's Installation at Godsbanen — urdesignmagさん)

ダンボール箱だけを使って巨大な構築物を作りたい、っていう相談をたまに受けます。
やり方だけ教えてもらえればいいんですって言われちゃうと、これ、実はかなりの難問なんですよ。

でも世界には、実現されているすごい人たちがいるんです。


image   積む

→(Inicio - Ruiz Velazquez Arquitectoさん)

まずは積んじゃった例から。
でもただ積むと、崩れます。さらに実はダンボール箱ってけっこう丸いので、垂直に積むのは難しいのです。
写真の例のように美しく積むには、何らかのジョイントが必ず必要になります。曲線のラインも美しい、有名な作例です。
via→(hector ruiz velazquez: living natureさん)  
     
image   つなぐ

→(Peter Sandbichler » The Wallさん)

こちらも本当に美しい例だと思うのです。積むというよりも、面としてつないだ例だと思います。ランダムに見えて、グラフィックのパターンがデザインとして成立しているのです。そしてナナメの折り目の劇的な効果。
これを実現するには、緻密な設計が必要です。
via→(これは新しい ダンボール製パーテーションのアイディア:DDN JAPANさん)    
     
image   吊る

→(Zimounさん)

この方法であれば、接着もジョイントも不要です。どんな巨大な壁だってできちゃいます。
ダンボールは軽さのわりに質量を感じさせるので、風でゆれるその姿はなんともふしぎ。
そしてこの方法で壁を作るなら、ダンボール箱はうってつけの材料なのです。
via→(New Zimoun's Installation at Godsbanen — urdesignmagさん)    

|

« 髪は何のためにある? | トップページ | ふだん使いが特別になる一品 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 髪は何のためにある? | トップページ | ふだん使いが特別になる一品 »