« フェルトの照明ふたつに見る柔と剛 | トップページ | やがてどんな壁にでも物を留められるようになる件 »

2017年6月 1日 (木)

原稿用紙を使おう!

image
via→(満寿屋/Masuya | 満寿屋 FUTOKORO封筒のインターネット通販 | 山田文具店 インテリア雑貨セレクトショップさん)

あの罫線をみれば誰でも原稿用紙だとわかるのです。
ほんのちょっと、ほんのちょっとの違いなんです、方眼紙と。


image   満寿屋 FUTOKORO封筒

満寿屋さんは原稿用紙の老舗なのです。

その満寿屋さんの原稿用紙を、そのまま封筒にしてしまったこの製品。

実際に購入可能です。
via→(満寿屋/Masuya | 満寿屋 FUTOKORO封筒のインターネット通販 | 山田文具店 インテリア雑貨セレクトショップさん)  
     
image   トミタ式原稿用紙

→(TETSUSHI TOMITA Official Websiteさん)

原稿用紙を規格から解き放てば、そこに書かれる文字表現もより自由になるのかもしれません。

楽しいデザインの数々、リンク先で公開されていますよ。
→(art goodsさん)    
     
image   原稿用紙タイツ

→(原稿用詩(Poetry Manuscript) - tokoneさん)

原稿用紙がそのままタイツのデザインになりました。

脚のカタチにフィットしても残る原稿用紙の直線の強さ。

文字を目で追ってしまうことにも気づくのです。

via→(【tokone】原稿用詩 / ヴィレヴァン通販さん)    
     
image   MEMO-GEN

→(MEMO-GEN | Project | PORTさん)

原稿用紙の定型サイズを変更すれば、こんなに新鮮なメモ用紙に。

ツイッター対応の140文字とのこと、時代にあわせて変化する原稿用紙。
via→(技術とデザインが一体となったおしゃれなメモ帳を見つけました! | MonoMax Web(モノマックス ウェブ)/雑誌MonoMaxの公式WEBサイトさん)    

|

« フェルトの照明ふたつに見る柔と剛 | トップページ | やがてどんな壁にでも物を留められるようになる件 »

紙に描く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フェルトの照明ふたつに見る柔と剛 | トップページ | やがてどんな壁にでも物を留められるようになる件 »