« ふだん使いが特別になる一品 | トップページ | ペットボトルを使ったあとには »

2017年6月 9日 (金)

透けないものが透けるとき

image
→(Topshop Clear Knee Mom Jeans | Nordstromさん)

本来不透明なものが透明になったときに感じる感覚は、たとえば色が変わるといったような変化とは異なるようなのです。

たとえば商品そのものの付加価値。
これって、透明になったことで感じるオトク感ってことですよね。


image   ひざが丸見えなジーンズ

→(Topshop Clear Knee Mom Jeans | Nordstromさん)

これすごい。
この商品のすごさは、ただ穴を切り取った状態と透明のスクリーンを張った状態とでは、透明から受ける感覚が異なるってことを証明してみせたこと。
via→(What The Hell Are Those?: $95 Mom Jeans With Clear Knee Panels - Geekologieさん)  
     
image   透明なクリアコーヒー

→(ABOUT – clear coffeeさん)

こちらも驚きの一品。
実際に発売されているこのコーヒー、透明ですが完璧なコーヒー。

にごりと成分はイコールではないのかも、と考えさせられる一品なのです。

飲んでみたい。
via→(なぜ「透明」にしたのか。豆、水、カフェインでできた、話題のクリアコーヒー | ROOMIE(ルーミー)さん)    
     
image   爪に十字カーソルを描いてみる
→(しかさんのツイート: さん)

どういうことなのかはどうぞリンク先でご確認くださいな。

そしてびっくりするのはあの「指で描画のしにくさ」が指そのものの存在にあると知ったこと。
さらにはこのカーソルが指そのものの存在を感覚的に消しちゃうことなのです。もはや発明。
via→(この発想はなかった! 爪に「十字カーソル」を書くだけでスマホ操作が捗るアイデアがすごい - ねとらぼさん)    

|

« ふだん使いが特別になる一品 | トップページ | ペットボトルを使ったあとには »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ふだん使いが特別になる一品 | トップページ | ペットボトルを使ったあとには »