« コクヨデザインアワード2017 | トップページ | 箱が中身を想像させるのだ »

2017年5月29日 (月)

青の世界

image
via→(Oregon scientists accidentally discover a brilliant new shade of blue that will NEVER fade | Daily Mail Onlineさん)

青は特別な色なのです。

青いバラは長い開発期間を経て、2004年に発表されました。→(青いバラ (サントリーフラワーズ) - Wikipediaさん)
絵画の世界でも、青の顔料は合成顔料が発明されるまで特別に高価なものだったようです。→(ウルトラマリン - Wikipediaさん)


image   YInMn blue

YInMn blueと名付けられたこの無機顔料、さいきんのネットの話題では世紀の発見と呼ばれています。

偶然の発見によるものとのこと。
退色せず製造も容易らしく、さまざまな分野で"色"が革命を起こすかもしれないのです。
via→(Oregon scientists accidentally discover a brilliant new shade of blue that will NEVER fade | Daily Mail Onlineさん)  
     
image   ポカリスエットのCM

→((1) ポカリスエットCM|「踊る始業式 A」篇 15秒 - YouTubeさん)

青の粉で思い出しました。ポカリスエットのCM。なんだかとっても楽しそうなのですよ。

そしてあの青い粉で思い出したのが、カラーラン。
→((1) ポカリスエットCM|「踊る始業式 A」篇 15秒 - YouTubeさん)    
     
image   カラーラン

→(The Color Run® Japanさん)

順位もタイムも関係なく、みんなで色がついちゃってゴールなカラーラン。

リンク先のQ&Aには、あの人体には無害の粉の成分についての説明も記載されています。
→(The Color Run® Japanさん)    

|

« コクヨデザインアワード2017 | トップページ | 箱が中身を想像させるのだ »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コクヨデザインアワード2017 | トップページ | 箱が中身を想像させるのだ »