« 箱が中身を想像させるのだ | トップページ | 原稿用紙を使おう! »

2017年5月31日 (水)

フェルトの照明ふたつに見る柔と剛

image
via→(De Vorm's Workspace Divider lamp "shields users"さん)

フェルトは本来ひつじなどの毛からつくるシート。
最近よく見るフェルトはほとんど化学繊維製品なのですが、こちらは熱を加えると固くなる性質があります。

今日はそんなやわらかいフェルト照明と、固いフェルト照明。
なのにどちらも雰囲気は、やわらかいのです。


image   ディバイダ・ランプ

→(Interior Products | PET Felt Furniture | Recycled PET Felt Chairs | De Vormさん)
PETを原料とするフェルトを熱成形してつくられた照明。柔らかく照らすとともに、お互いのプライバシーを守るパーティションでもあるのです。
吸音とか、PCぶつけても大丈夫とか、反射板になってるとか。とにかくいろんなものがやわらかい雰囲気。
via→(De Vorm's Workspace Divider lamp "shields users"さん)  
     
image   フェルトのテーブルランプ

→(Metrocuadro Design - Homeさん)
こちらは縫製とボタン付けによって作られたテーブル照明。
縫製によって柔らかいものを自立させる技術。
まるで服を着せるような組み立て。できあがりは仕立てられたキモノを思わせるシルエットなのです。
鉄や木が柔らかいものに置き換わっていくと考えると楽しい。
via→(A Lamp Made Entirely at a Tailor's Shop - Design Milkさん)    

|

« 箱が中身を想像させるのだ | トップページ | 原稿用紙を使おう! »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 箱が中身を想像させるのだ | トップページ | 原稿用紙を使おう! »