« Matt Johnsonさんの作品 | トップページ | あの力はこんなものもくっつけてる »

2017年2月 9日 (木)

そこにある、そこにない、

image
via→(This bathroom sink was designed with a transparent glass bottom | CONTEMPORISTさん)

しっかりあるのに無いように見えたり、
全く無いのにあるように見えたり。

人間の感覚ってふしぎ。


image   シンクがガラスの洗面台

水を張ることで、その存在が消えるのです。

排水口をどうしてるんだろうと思ったら。おそらく奥に細いスリットがあって、そこから流れるのではないかと。

その排水管も水道カランと一本で連続したように見えるようなってます。
だって透明なんだもん。
via→(This bathroom sink was designed with a transparent glass bottom | CONTEMPORISTさん)  
     
image   盤面の無い腕時計

秒針、時針、分針そのものが周囲を回転する腕時計。

なので盤面が不要です。まるでダイソンの送風機。

とはいえ時刻を知りたいときは、やはり盤面を"見る"わけです。
そこにあるのは腕であって皮膚。
そこに情報を付加する装置ともいえますね。
via→(No, it isn’t a Dyson watch! | Yanko Designさん)    

|

« Matt Johnsonさんの作品 | トップページ | あの力はこんなものもくっつけてる »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Matt Johnsonさんの作品 | トップページ | あの力はこんなものもくっつけてる »