« 紙の種類が運命を決めるのかもしれない件 | トップページ | 肌に情報を示す時代がやってくる その1 »

2017年2月 3日 (金)

家で箱を作る時代が来ようとしている件

image
→(Slimboxさん)

ものを人に送りたい時、どうしてますか。

多くの人は、一度使われたダンボール箱からサイズが合うものを選ぶと思うのです。
量をたくさん送る人なら、ダンボール会社からたとえばネット注文したり。

…もうひとつの方法が一般的になるかもしれません。


image   Slimbox

たとえば家庭で、箱をピッタリサイズでその場で作ってくれるマシンが公開されています。→(Slimboxさん)
動画はこちらから。
→(Slimbox - YouTubeさん)

     
image   操作はスマホで

ピッタリサイズにするには設計が必要ですが、中に入れるものの大きさを入力すれは自動でやってくれます。スマホから。

この、頭脳として使えるスマホの普及が、この道具をはじめ生活を一変させちゃう可能性を秘めているのだと思うのです。
     
image   レーザーでカット

あとはダンボールシートを入れるだけで、展開図をレーザーカットしてくれます。

いまだって近いサービスはありますよ、たとえば箱を特注してくれるネットサービスだったり、家庭用のカッティングマシーンだったり。
でも家でダンボールを切れる機械は初めて見ました。これ、すごいことになるかもよ。

|

« 紙の種類が運命を決めるのかもしれない件 | トップページ | 肌に情報を示す時代がやってくる その1 »

紙を加工する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紙の種類が運命を決めるのかもしれない件 | トップページ | 肌に情報を示す時代がやってくる その1 »