« 磁力を時計につかう | トップページ | 紙を折って、◯◯す機械をあつめてみました »

2017年2月21日 (火)

曲げる技術

image
via→(スツール60 / 完成品 (Artek / アルテック) SEMPRE.JPさん)

曲げる、は技術革新なのです。
曲げに成功したことで、いろんなものが生まれたのです。


image   スチールパイプを曲げる

スチールパイプを美しく曲げるのは、とても難しい技術なのです。

こちらはレーザーカットによる溝を利用して曲げた例。

次のアアルト・スツールと比較すると、溝の方向が90°逆なのが面白いところなのです。
via→(More Laser Kerf Steel Bending: The HandBend Furniture Design System - Core77さん)    
     
image   アアルト・スツール

20世紀初頭の名作、いまでも購入可能です。→(スツール60 / 完成品 (Artek / アルテック) SEMPRE.JPさん)
この脚には革新的な曲げの技術が用いられています。詳しい解説もリンク先でどうぞ。
そしてこの部分の加工が、本物のアアルト・スツールを見分ける1つのポイントになっています。
via→(スツール60 / 完成品 (Artek / アルテック) SEMPRE.JPさん)  
     
image   ブロックを曲げる

キックスタータで出資募集されていたアイデア。→(Flexo - Bendable, bouncy, flexible building bricks! by Flexo — Kickstarterさん)

ブロックを柔らかいものに変えてしまう関節。
と同時に、接合の方向を変更するツールでもあるのです。
via→(Flexo - Bendable, bouncy, flexible building bricks! by Flexo — Kickstarterさん)    
     
image   ストローを曲げる

マクドナルドで開発されたストロー。
→(Creating the STRAW - YouTubeさん)

シェイクをストローで飲む際の吸い上げを改良するアイデア。

ストローの飲みくちをジャバラで曲げたときもきっと革新的な発明だったはずなのです。こちらもきっと数年後の「普通」になっているのかもしれません。
via→(米マクドナルドが“J型”ストロー開発 | Narinari.comさん)    

|

« 磁力を時計につかう | トップページ | 紙を折って、◯◯す機械をあつめてみました »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 磁力を時計につかう | トップページ | 紙を折って、◯◯す機械をあつめてみました »