« マンホールを特別なものにするひとたち | トップページ | 曲げる技術 »

2017年2月20日 (月)

磁力を時計につかう

image
via→(Hand-blown Glass Sand Magnet Magnetic Hourglass Timer Clock Gift Home Decor | Lazada PHさん)

磁石と鉄は、見えない力を目に見せてくれますよね。
そして時計は見えない時間を見える単位に変換する道具なのです。
この2つを組み合わせると、楽しい効果が現れるみたいですよ。


image   砂鉄時計

落下するまでは砂として挙動し、落下後は砂鉄として挙動するわけです。

どうやってひっくり返すのかって?
磁石が仕込まれた台座から外せば砂に戻るのです。
via→(Hand-blown Glass Sand Magnet Magnetic Hourglass Timer Clock Gift Home Decor | Lazada PHさん)  
     
image   磁性体時計

→(Ferrolic | Where digital meets nature.さん)

まるで生命体のように動く時計。
その白さと黒さから、まるで電子ペーパーの表示画面を再生しているようにさえ感じるのです。
via→(What Time Do You See in the Rorschach Clock? - Neatoramaさん)    
     
image   浮遊時計

→(STORY: The Levitating Timepiece by Flyte — Kickstarterさん)

これすごい。どうやってこの距離をコントロールするのだろう。
しかも水平でも垂直でも使用可能。
見ていると不思議な気持ちになる動画も上記リンクからどうぞ。
via→(This clock has a levitating sphere that tells the time | CONTEMPORISTさん)    
     
image   スケジュール時計

なにも時刻を表示するためだけに磁石が使われるわけではないのです。

時間に合わせて予定が組める楽しい時計。
どう組み合わされるかわからないものをデザインとしてまとめるのって本当に難しいことだと思うのですよ。
via→(Magnet Clockさん)    

|

« マンホールを特別なものにするひとたち | トップページ | 曲げる技術 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マンホールを特別なものにするひとたち | トップページ | 曲げる技術 »