« 肌に情報を示す時代がやってくる その2 | トップページ | そこにある、そこにない、 »

2017年2月 8日 (水)

Matt Johnsonさんの作品

image
→(Matt Johnson - GALLERY EXHIBITIONS - 303 Galleryさん)

世の中には、すごい人がいるなあ。
上のダンボール箱、じつは…


image   Untitled (Balancing Styrofoam Corner), 2016

木の彫刻で木じゃないものを作ってしまうMatt Johnsonさんの作品。→(Matt Johnson - GALLERY EXHIBITIONS - 303 Galleryさん)

たとえば発泡スチロール。
私たちは何をみて素材を判断しているのかの根拠を失ってしまいます。
     
image   Untitled (Amazon Box), 2016

Amazonさんだってご覧のとおり。

じつはフルートのなみなみだって再現されています。詳細はどうぞリンク先で。

     
image   Untitled (4 Stacked Tape Rolls), 2016

つまめばそのまま引っ張り出せそうなテープ。でも木彫。

よく見ると紙管の継ぎ目まで…

ものの構造や素材や柔らかさって、見た目のイメージに左右されることを知るのです。
via→(This is Wood: The Sculpture of Matt Johnson - Design Milkさん)    

|

« 肌に情報を示す時代がやってくる その2 | トップページ | そこにある、そこにない、 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 肌に情報を示す時代がやってくる その2 | トップページ | そこにある、そこにない、 »