« 多角形のデザイン | トップページ | 人類が初めて手にした道具は指そのものかもしれない »

2016年12月12日 (月)

ついに付箋はたちあがる

image
via→(自立式のふせんなので、メモを書いたらそのままデスクに掲示さん)

ふせんにメモして、はがして、どこかに貼るわけです。
その貼り先なんですが、たいていデスクの前やモニタ・ディスプレイだったりしませんか。
つまり目立つところに貼り直してる。

だったら。


image   剥がしてチェック!TO DOリストふせん
はがして使うというよりも、TO  DOが終了したらはがす付箋。
つまりこの状態で"掲示"するわけです。
見た目は台紙つきのふせん、その台紙をスタンド付きにしたらふせんそのものの用途が変わっちゃった楽しい例だと思うのですよ。
付箋の切れ目がまるでメモの罫線なのもおもしろいのです。
via→(自立式のふせんなので、メモを書いたらそのままデスクに掲示さん)  
     
image   SUTTO(スット)

まるでメモボードを小さくしたような楽しいデザイン。
スタンド部にロール状の付箋紙が収納されていて、引出し→ちぎって使用します。
メモ罫線は下のパッドに印刷されていて、それが透ける素晴らしいアイデア。ふせんは1行ずつ切り取れるので、罫線はそのガイドでもあるのです。
via→(「SUTTO(スット)」商品紹介TOP | カンミ堂さん)    

|

« 多角形のデザイン | トップページ | 人類が初めて手にした道具は指そのものかもしれない »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 多角形のデザイン | トップページ | 人類が初めて手にした道具は指そのものかもしれない »