« こんなところにあのキャラが | トップページ | DNAでデザインする »

2016年12月21日 (水)

紙に花を飾ってみる

image
via→(Coco Fiori "Share Collection" — The Dieline - Branding & Packaging Designさん)

いっけん、水を使うので相性が悪そうな花と紙ですが。
いやいや実はものすごくよく使われる組合せなのですよ。
水を使うからこそ、そして大きい花束にも対応できるからこその紙なのです。

そしてさらにこんな使い方も。
今日は紙の花器を紹介します。


image   花を分ける

→(Backbone Brandingさん)

三角形の花器を6個組合せて使用します。三角形の向きを変えるだけで異なる表情に。

そして6つにシェアできちゃう。
via→(Coco Fiori "Share Collection" — The Dieline - Branding & Packaging Designさん)  
     
image   花カレンダー

→(NOTHING dESIGN GROUPさん)

これすごい。毎月変わるカレンダーでの花と紙の組合せ、初めてみました。

上下に開くギミックが効果的に使われています。
via→(nothing design group: calendar with vaseさん)    
     
image   巻きつける花器

→(Pepe Heykoopさん)

クシャッとしたこの感じ。それ自体がインテリアになっちゃいます。

その表情を作るのは、三角形の罫線とパターン。
色の使い方が絶妙だと思うのです。
via→(Paper Vase by Pepe Heykoop for Tiny Miracles Foundationさん)    
     
image   飛び出す花器

メッセージカードになっていて、ポップアップで花器がとびだす楽しいデザイン。

こちらのgreen supermarket*さんでは、花器になる絵本も発売されています。
→(green supermarket* | Productさん)    

|

« こんなところにあのキャラが | トップページ | DNAでデザインする »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こんなところにあのキャラが | トップページ | DNAでデザインする »