« ゴジラx京都の伝統産業 | トップページ | 手にスタンプしてみたら »

2016年11月25日 (金)

脚が向かう先にあるもの

image
via→(Sati-Tala-new-way-of-eating-table-4さん)

動物の肢と違って、家具の脚は支える土台だと思われてきたのです。
ところがどうやら、最近の脚はそうでもないみたいですよ。


image   足を脚にするテーブル

なら動物の、ヒトの足を脚にしちゃえ。

脚の無いテーブルは過去にも紹介してきましたが、これはヒトがいないときにもちゃんと支えることが可能なデザインになってます。
via→(Sati-Tala-new-way-of-eating-table-4さん)  
     
image   家具的ななにか

いまにも動き出しそうなこの家具。

いやそもそも、家具と呼んでいいのかどうかさえ。

動物の足と家具の脚との違いは、関節にあるのだと知ったのです。
via→(Lokomoce : PRVEさん)    
     
image   家具をふたたび使う

仏像などでは、どこを修復したかが見てわかるように修復するそう。

たとえば陶磁器を修復する金継ぎだって、修復の跡そのものを愛でる行為ですよね。
via→(Artist "Fixes" Broken Wooden Furniture With Modern Translucent Materials - My Modern Metさん)    

|

« ゴジラx京都の伝統産業 | トップページ | 手にスタンプしてみたら »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゴジラx京都の伝統産業 | トップページ | 手にスタンプしてみたら »