« カバーをかけてみる | トップページ | 凸凹させてみる »

2016年10月 5日 (水)

立体を平面として認識する方法

image
via→(claire & max turn new york city into a fake movie setさん)

たとえば上の写真。どうみても奥行きのない映画のセットですよねえ。


image   街をセットに変える方法

これすごい。もう発明。

ここんとこを背景で抜くだけで、リアルがフェイクになっちゃうなんて。

via→(claire & max turn new york city into a fake movie setさん)  
     
image   平面スツール

まるで描かれた絵のようなスツール。

リンク先に動画がありますからぜひ見てくださいな。

このギミックを成立させるには、恐ろしく複雑な機構と試作が必要だったはずなのです。
via→(Designline Wohnen - Newcomer: De-Dimension | designlines.deさん)    
     
image   凸凹を認識する自転車ライト

格子状の光を地面に投影することで、夜間の道路の状況を視覚で認識できます。

いわば照明に頼らないライト。
もしかすると自転車も自動運転の時代に入るのかもしれません。
via→(【今すぐ欲しい】地面の様子がすぐに分かる「格子状自転車ライト」がナイス・アイデアすぎると話題! | ロケットニュース24さん)    
     
image   立体文字

どこから見てもちゃんと読める文字。

2方向から読めるサインが可能になるかもしれないのです。
via→(Typography in Four Dimensions by LoSiento - Core77さん)    

|

« カバーをかけてみる | トップページ | 凸凹させてみる »

紙と平面世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カバーをかけてみる | トップページ | 凸凹させてみる »