« こんなふうにして使うレンチ | トップページ | おめでとう!ハンズ40週年感謝祭! »

2016年10月20日 (木)

紙をブロックにして積むという発想

image
via→(woojai lee transforms recycled paper into brick-like furnitureさん)

ブロックってありますよね。建材とか子ども用の玩具とか。
建材は重く大きいのですが、巨大なものがつくれます。
玩具は小さく軽いのですが、小さなものしかつくれません。

では、軽くて巨大なものが作れるブロックがあるとしたら。


image   paperbricks

再生紙を固めて作ったブロック。
軽量ですが強度があるのです。

見た目や風合いがなんだか石やコンクリートを思わせる不思議。

そして紙なので、着色や接着も可能そうな万能っぷり。
via→(woojai lee transforms recycled paper into brick-like furnitureさん)  
     
image   DECOBO

リンク先で実際に購入可能です。
ものすごく練りこまれた設計なのです。

この形状のダンボールで、多彩な組み立て方が可能に。お子さんでも片手で扱えるサイズですが、組み立てると迫力の構築物になりますよ。
via→(デコボ<DECOBO> ダンボールのブロック 30ピース | 玩具・おもちゃ | ダンボール家具の専門店 HOWAYさん)    
     
image   Edo

こちらはKickstarterで出資募集されていた海外の例。

いわゆるレゴタイプの凹凸がついています。
この形状の特徴は、組むと凹凸が隠れて直方体の集合になるってこと。キッズハウスを作るのにはもってこい、なのです。
via→(Edo – Life-sized cardboard bricks: giant fun for your kids. by Simon Marussi — Kickstarterさん)    

|

« こんなふうにして使うレンチ | トップページ | おめでとう!ハンズ40週年感謝祭! »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こんなふうにして使うレンチ | トップページ | おめでとう!ハンズ40週年感謝祭! »