« どうみてもあのクリップなのに、あのクリップじゃない。 | トップページ | じつは溶けこむデザイン »

2016年8月29日 (月)

おもいきり役に立つタトゥーがあるらしい

image
via→(機械的な楽器がタトゥを奏でる|TOKYO DESIGN WEEK 東京デザインウィークさん)

タトゥー文化をどう捉えるかは2020年に向けて、また新たな展開を迎えるのでしょう。
ところでファッション性とは別に、どうやらタトゥーがより人生を豊かにする目的で利用されているようなのですよ。

この身体をデバイス化するタトゥー、文化やファッションをもう1ステージ押し上げちゃうかもしれません、もしかすると。


image   タトゥーを読み取る楽器

いわばタトゥーそのものが譜面なのです。

そしてその位置というか動作も曲に影響を与えるので、演奏方法が存在するわけです。

となると、身体そのものが楽器ともいえるわけで。
via→(機械的な楽器がタトゥを奏でる|TOKYO DESIGN WEEK 東京デザインウィークさん)  
     
image   タトゥーマウス

タトゥー面に触れることで、モニター上のカーソルを操る技術。

これはあれですよ、SF映画に出てくる「指の動きやポージングだけで情報を操作する技術」に一歩近づいた感じ。

たとえば太ももにキーボードを印刷しちゃえば…
via→(Temporary Tattoos Turn Your Skin Into A Mousepadさん)    
     
image   血糖値を測定するタトゥー

タトゥー状のシールです。使い捨てで、貼るだけで血糖値を測定できます。

本来は見えないはずの情報を見える情報に置き換える技術なわけで、これが発展すれば身体のサインを身体じたいが表示するようになるのかも。
via→(痛みなし・使い捨て可能!皮膚に貼るだけで血糖値を測定する“ウェアラブルタトゥー”が画期的 | Techable(テッカブル)さん)    
     
image   タトゥーレシピ

腕に貼るレシピ。

これいい。あの「忘れないように手のひらにメモする」行為そのままです。
なにより両手が自由になる。

そしてこの延長上に、きっと「身体ディスプレイ化計画」が生まれるのですきっと。
via→(Temporary Tattoo Recipes Lay Out The Steps For The Day's Meal - PSFKさん)    

|

« どうみてもあのクリップなのに、あのクリップじゃない。 | トップページ | じつは溶けこむデザイン »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どうみてもあのクリップなのに、あのクリップじゃない。 | トップページ | じつは溶けこむデザイン »