« 2つのジグソーパズルに見るグラデーション | トップページ | カットする、という行為 »

2016年8月 5日 (金)

まったく新しいディスプレイの方法

image
via→(Prototyping the F21 Thread Screen - Core77さん)

きっと近い将来、とんでもなく革新的なモニタ-ディスプレイの方式が発明されて、SF映画に出てきたような感じになるんだろうなあ。


image   糸巻きを使うディスプレイ

→(Forever 21 Thread Screen: Behind the Scenes - YouTubeさん)
糸巻きを回転させることで表示を変更します。そのなめらかな動きはぜひ動画で。

ところでこのアイデア、新しいのか旧式なのか。なのにだれもやったことがない方法なのですよ。
via→(Prototyping the F21 Thread Screen - Core77さん)  
     
image   画面から飛び出すディスプレイ

目の見えない人向けのディスプレイ。
なのですが、これほどの精度で立体表示できるなら教育などのジャンルでもきっと大活躍。

丸い、イコール方向がない、ってところもデザイン。
via→(Don’t watch a movie. Feel it! | Yanko Designさん)    
     
image   もふもふミラー

もうどういう仕組みだか説明しにくいのでどうぞリンク先で。

これ、鏡なんです。前に立ってポーズをとると、その姿をモフっと表示してくれます。
via→(A Hypnotizing Anthropomorphic Furry Mirror That Reflects Images With Black and Beige PomPomsさん)    
     
image   スクリーンなわとび

飛んだ回数が空中表示されるなわとび。

これすごい。

やってる行為と映像を写す方式がまったく同一なのです。
via→(飛んだ回数や消費カロリーが空中に浮かぶスマート縄跳び「Smart Rope」、身体もスマートに - インターネットコムさん)    

|

« 2つのジグソーパズルに見るグラデーション | トップページ | カットする、という行為 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2つのジグソーパズルに見るグラデーション | トップページ | カットする、という行為 »