« 水面下のデザイン | トップページ | いまやスマホが生活のスイッチになってるのかもしれない問題 »

2016年7月19日 (火)

破るために存在するもの

image
via→(Generate Design: Tearable Lamp (テアラブルランプ) : Knotさん)

破るは破壊することですが。
だって不可逆的な行為。

ところが、中には破ることで使えるようになるものもあるようですよ。


image   Tearable Lamp

パルプでできたランプ、破ることで調光するランプ。

破ることがそのままオリジナルのデザインをつくる行為でもあるのです。
via→(Generate Design: Tearable Lamp (テアラブルランプ) : Knotさん)  
     
image   破る名刺

→(世界一印象に残る名刺屋さん「第三の名刺」制作プロジェクト - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)さん)

破ることで記憶に残すのです。それって本来の名刺の役割ですよね。
破壊することで機能を全うするってすごい。
via→(【トレたま】破る用の名刺:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京さん)    
     
image   日めくりカレンダー

おそらく破ることで使用する代表は日めくりカレンダーだと思うのですよ。

日めくり、というか日ちぎりカレンダー。ブロックが目に見える質量で減っていくのです。

日めくりカレンダーは時間の物質化なのですね。
via→(Cube Calendar — ACCESSORIES -- Better Living Through Designさん)    

|

« 水面下のデザイン | トップページ | いまやスマホが生活のスイッチになってるのかもしれない問題 »

紙を加工する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 水面下のデザイン | トップページ | いまやスマホが生活のスイッチになってるのかもしれない問題 »