« 再利用のデザイン | トップページ | 鏡に写る情報はどこまで対称か? »

2016年7月 6日 (水)

座面の無い椅子2題を並べてみる

image
image
via→(clark bardsley uses steam-bent oak to design an anti-chairさん)
via→(Sacrificial Chair a Chair Design to Cover in Yourさん)

世の中に、まったく座面の存在しない椅子があると知ったのです。

とはいえ座れないので椅子と呼んでいいのかどうか、
ところがその使い方を知った時、
やっぱり椅子としか呼べないことに気づくのです。


image   ひじかけのための椅子

ひじかけの無い椅子に、後付けでひじかけを追加する方法。

こんな方法、初めて見ました。
たしかに元の椅子をひじかけ椅子に加工するのはとても困難なのです。

単独では椅子ではないけれど、明らかに椅子としての機能の一部を持つのです。
via→(clark bardsley uses steam-bent oak to design an anti-chairさん)  
     
image   ものをかけるための椅子

「とりあえず」脱いだ衣類やかばんを掛けておくための方法。

これ、やりますよね。きまって椅子かベッドなのです。肌に触れるものだからでしょうか。

単独では椅子ではないけれど、明らかに椅子としての機能の一部を持つのです。
via→(Sacrificial Chair a Chair Design to Cover in Yourさん)    

|

« 再利用のデザイン | トップページ | 鏡に写る情報はどこまで対称か? »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 再利用のデザイン | トップページ | 鏡に写る情報はどこまで対称か? »