« 個室じゃなくて、パーソナルスペース | トップページ | 透ける技術 »

2016年6月27日 (月)

マトリョーシカな世界

image
→(puzzle like inception chair by vivian chiuさん)

中に入ってるものは同じものなんだけど必ず一回り小さくなるので、自己相似形になるのです。
素材の厚みも同じ比率で薄くなるのなら、きっと無限に詰められるはずなのです。


image   1脚なのにたくさんな椅子

この構造、よくみると全ての椅子に座面がありません。

なのに全ての椅子を組み合わせると座面になる。

つまりそれぞれの椅子はちゃんと機能を分担してる。
via→(puzzle like inception chair by vivian chiuさん)  
     
image   携帯電話の歴史

→(Kyle Bean - Mobile Evolutionさん)
自己相似だけど同型じゃない、古い携帯電話の箱に次の世代の携帯電話が入る箱。

実際にこういう歴史をたどったわけで、これが可能な製品、他にあるだろうか。
via→(携帯電話の大きさの歴史が分かる「Mobile Evolution」 | DesignWorks デザインワークスさん)    
     
image   フェリシモさんのダンボール箱
あのカラフルで楽しいフェリシモさんの箱が、マトリョーシカのように届きます。

実際に購入可能な箱好きには夢の商品。

ちなみに畳んだ状態でとどくみたいですよ。
via→(ハッピーサプライズを届ける マトリョーシカ風ボックス|フェリシモさん)    
     
image   吊るして使う収納ボックス

重ねた収納姿が美しい、収納ボックス。

この箱積むんじゃなくて吊るして使うそうですよ。

となると箱から箱が飛び出したように見えるはずなのです。
via→(収納ボックスの概念を覆す「吊るす」ボックス収納【box 1-7】|インテリアハックさん)    

|

« 個室じゃなくて、パーソナルスペース | トップページ | 透ける技術 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 個室じゃなくて、パーソナルスペース | トップページ | 透ける技術 »