« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月の17件の記事

2016年5月31日 (火)

○○におきかえて測ってみる

image
via→(A Pro-tractor! | Yanko Designさん)

本当なら専用の道具が必要な計測も、
見方を変えて違う道具で測ってみると、意外とスッと入ってくる、っていう例。

続きを読む "○○におきかえて測ってみる"

| | コメント (0)

2016年5月30日 (月)

紙の盆栽

image
→(kami-bonsaiさん)

盆栽には全く詳しくないですけれども。
きっとバランスや生命感などを何十年もかけて人の手を加えて表現するアートなのですよね。

では何十年もかけないでその楽しい部分だけを味わう方法って?
それには紙が適しているようなのですよ。

続きを読む "紙の盆栽"

| | コメント (0)

2016年5月27日 (金)

SONYの凄さ

image
→(INSTALLATION 「SONY」 2016.5.20(FRI) START|ソニー企業株式会社のプレスリリースさん)

夢の道具を本当に夢の機能を搭載して製造するメーカーのイメージなんです、SONYさん。子どもの頃からずっと。

そんなSONYさんらしいニュースを今日は2つご紹介します。

続きを読む "SONYの凄さ"

| | コメント (0)

2016年5月26日 (木)

ジッパーが実は柔→剛への変換装置だった件について

image
→(ジップチェーンアクチュエータ | 噛合チェーン式アクチュエータ | 直線作動機 | 一般産業用部品 | つばきグループさん)

ジッパー大好きカミノデザイン。
線と線の接合装置は数が少なく、宇宙に同程度の文明があったとしてもジッパーはないんじゃないか、と思ってるほどなのです。

なのですが、今日はそのジッパーの概念がこんなふうにも使用されている、っていう話。

続きを読む "ジッパーが実は柔→剛への変換装置だった件について"

| | コメント (0)

2016年5月25日 (水)

15番目のWITHOUT THOUGHTのテーマは駅なのです

image
→(DMN | WITHOUT THOUGHT Vol.15 駅 STATIONさん)

企業内のデザイナーさんたちが集まって行うデザインワークショップ、WITHOUT THOUGHTももう15回目なのだそうですよ。

今年のテーマは駅。場所なのです。

2016年4月27日から5月15日まで東京ミッドタウン・デザインハブにて開催されていたのですが、はい、毎年恒例、書籍でも発売になりました。

続きを読む "15番目のWITHOUT THOUGHTのテーマは駅なのです"

| | コメント (0)

2016年5月24日 (火)

こどもたちもかなりの割合でスマホを持ってるいま、小中学校では宿題の出し方っていったいどうしてるんだろう?っていう話

image
→(MyScript Calculator - Google Play の Android アプリさん)

いま、いわゆる電卓アプリはもはや電卓アプリって呼んじゃいけないほどの進化をとげちゃってます。
そしてそれを子どもたちは知ってるのに親はけっこう知らない、っていう事実。

なので学校はどうやって宿題を出してるんだろう。
アプリ禁止!って言ってるのかな。
それとも、アプリをそもそも使うことができないような「考える」宿題に変化していってるのでしょうか。

続きを読む "こどもたちもかなりの割合でスマホを持ってるいま、小中学校では宿題の出し方っていったいどうしてるんだろう?っていう話"

| | コメント (0)

2016年5月23日 (月)

話す絵本と操る絵本

image
via→(Amazon.co.jp: Polar Bear, Polar Bear, What Do You Hear?: Bill, Jr. Martin, Eric Carle: 洋書さん)

今年1歳になる甥っ子にプレゼントしたものを淡々と記録し続けるシリーズ。

正直、この年令だとプレゼントって本人ウケだけじゃなくて親ウケも必要なんですよねえ。
でもそのどちらもが難しいのですよ。
というわけでその世代のお子さんやお孫さんがおられる方に。
参考になればと願うシリーズなのです。

続きを読む "話す絵本と操る絵本"

| | コメント (0)

2016年5月20日 (金)

「手の届くところに雑誌がある」を実現する方法

image
→(ATELIER 010 - architect en meubelmaker - Rotterdamさん)

手をのばせばすぐ雑誌に手が届く状態って、
ふつう「片付けなさい」って言われる状態ですよねえ。

いや大丈夫、こんな方法がありますよ。

続きを読む "「手の届くところに雑誌がある」を実現する方法"

| | コメント (0)

2016年5月19日 (木)

iPhoneにダンボールを組み合わせると新しい機能が生まれる

image
via→(JBLの名機スピーカー「パラゴン」をダンボールで再現した「iHorn Paragon」を組み立て&試聴レビュー - GIGAZINEさん)

スマホカバーにひとり映画館にプロジェクター。
じつはこのカミノデザインでもダンボールとの組み合わせをたくさん紹介してきたのです。

でもまだまだあるんですよ。もうダンボール製のスマホが出てもいいんじゃない?

続きを読む "iPhoneにダンボールを組み合わせると新しい機能が生まれる"

| | コメント (0)

2016年5月18日 (水)

まさかの"ぴったりはまる"あんなものこんなもの

image
→(「見た目より重い」を実感する - デイリーポータルZ:@niftyさん)

意外とあの大きさと一緒なんじゃないかな、と思ってはめてみると完璧に一致してしまうあの現象。
世の中では続々と発見されているようですよ。

続きを読む "まさかの"ぴったりはまる"あんなものこんなもの"

| | コメント (0)

2016年5月17日 (火)

「何か添え木になるものを持ってきて!」

image
via→(When design met modern medicine | Yanko Designさん)

映画で聞くセリフです。
でもね、程よい長さのまっすぐな棒なんてなかなか転がってないのですよ。

続きを読む "「何か添え木になるものを持ってきて!」"

| | コメント (0)

2016年5月16日 (月)

ドローンより先に、Amazon箱が歩いてやってくるかもしれない件

image
via→(Amazon.co.jp | 【Amazon.co.jp限定】 チョロQセット | おもちゃ 通販さん)

ダンボール箱大好きカミノデザイン。特にAmazonさんの箱は過去に何度も記事にしているのですが。

いやどうもですね、さいきんのAmazon箱はいまにも動き出しそうなんですよ。

続きを読む "ドローンより先に、Amazon箱が歩いてやってくるかもしれない件"

| | コメント (0)

2016年5月13日 (金)

プラモデル新時代

image
via→(鳥居みゆきの初ガンプラがヤバイ「半端ねぇセンス」「不気味…」。 | Narinari.comさん)

お父さん!
今のプラモデルはもはや、
昔のあの感じとは全く異なる楽しみ方ができちゃうようなんですよ!

続きを読む "プラモデル新時代"

| | コメント (0)

2016年5月12日 (木)

隣の人はあなたと同じ画面を見てるわけじゃない件

image
→(子供にしか見えない広告 - YouTubeさん)

このテーマ、カミノデザインでは過去に何度か記事にしてるんですが。
→(1枚の紙に2つの異なる情報を入れて子どもたちを救う方法)
→(3つの情報を同時に盛り込む方法)
→(見える景色が誰にも同じとは限らない)

違う情報を見ていたとしても、きっとテーマは「共有」なのです。

続きを読む "隣の人はあなたと同じ画面を見てるわけじゃない件"

| | コメント (0)

2016年5月11日 (水)

新しいblockが生活を変えちゃうかもしれない件

image
→(Lini cube - Educational Toy Building Blocks | Indiegogoさん)

なぜだか不思議とはまる子とはまらない子がいるトイなんですけどblockトイ。

単なる直方体から様々なものにイメージを広げる大切な訓練だと思うのです。

そしてそのイメージは、新しいblockから意外な方向へ広がっているようですよ。

続きを読む "新しいblockが生活を変えちゃうかもしれない件"

| | コメント (0)

2016年5月10日 (火)

サイズの問題

image
via→(子どもの目線で家のことを考えてみよう!イケアがリヨン駅に作った、全部が大きいショールーム「IKEA - Avec les yeux des enfants」 | mifdesign_antennaさん)

設計をしていると、図面で決めた寸法と実際の大きさが"ズレて"感じられることがよくあります。

逆にそれが完璧に一致する「絶対サイズ感」なる感覚をお持ちの方も。

大きいか小さいかって相対的な感覚なの?絶対的な感覚なの?

続きを読む "サイズの問題"

| | コメント (0)

2016年5月 9日 (月)

まるで○○なパッケージ

image
→(Japanese sake “KOI” Japanese sake Bottle and Boxさん)

パッケージはもともと、商品の保護や価値を高めたり、説明を補ったりする役割を担ってるわけですが。

数は少ないながらまるで○○に見えちゃうパッケージ、っていうジャンルが存在するのです。

続きを読む "まるで○○なパッケージ"

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »