« こどもたちもかなりの割合でスマホを持ってるいま、小中学校では宿題の出し方っていったいどうしてるんだろう?っていう話 | トップページ | ジッパーが実は柔→剛への変換装置だった件について »

2016年5月25日 (水)

15番目のWITHOUT THOUGHTのテーマは駅なのです

image
→(DMN | WITHOUT THOUGHT Vol.15 駅 STATIONさん)

企業内のデザイナーさんたちが集まって行うデザインワークショップ、WITHOUT THOUGHTももう15回目なのだそうですよ。

今年のテーマは駅。場所なのです。

2016年4月27日から5月15日まで東京ミッドタウン・デザインハブにて開催されていたのですが、はい、毎年恒例、書籍でも発売になりました。


image   WITHOUT THOUGHT VOL.15 駅 STATION

書籍版はこちらから購入可能です。
→(Amazon.co.jp: WITHOUT THOUGHT VOL.15 駅 STATION: NAOTO FUKASAWA DESIGN: 本さん)
→(DMN | WITHOUT THOUGHT Vol.15 駅 STATIONさん)  

もうね、毎年購入してます。そして毎年楽しみ。

WITHOUT THOUGHTは「思わずやっちゃう」ことの共有なのですよ。

そしてその作品集からは、たしかに「あー、わかる」。

わかることと、そこに着眼できるかは全く別の話なわけで。そこに気づいて、カタチにすることってものすごく高いハードルだと思うのです。それぞれに有名企業のデザイナーさんなわけですが、きっと膨大な産みの苦しみがあったり駅に通ったりしたのかも、なんて。

でもWITHOUT THOUGHT。
思わずやっちゃう、みんな納得、考えないで行動しちゃうわけですから。

よく考えると産みの苦しみとかデザインへの理解っていうのは対極。
そしてそれは、見る人にもあてはまるのです。

これどういう意味だろうって考えちゃったらきっともうダメ。
その証拠に、いわゆるデザインに対する説明が一切ないのですこの本には。

なんですけどね!どうしても、どうしても、意図がわからないものが2つ、3つほどあったり。
ごめんさい。いまも悩んでるんですけどわかりません。

そして個人的に好きなのは、大野博利さんの「出口サイネージ」。
たしかに誰もがこの光景を探すのです。

|

« こどもたちもかなりの割合でスマホを持ってるいま、小中学校では宿題の出し方っていったいどうしてるんだろう?っていう話 | トップページ | ジッパーが実は柔→剛への変換装置だった件について »

紙をあつかう本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こどもたちもかなりの割合でスマホを持ってるいま、小中学校では宿題の出し方っていったいどうしてるんだろう?っていう話 | トップページ | ジッパーが実は柔→剛への変換装置だった件について »