« もはやふたはふたするだけじゃない | トップページ | 平面から生まれる意外なものって »

2016年4月 4日 (月)

最近のボタンが人と人の関係もつなぎ留めてる件

 

                                                                           
image
→(ATYPYK — BUTTONさん)
          
ファスナーが線で留める道具なら、ボタンは点です。            
でもボタンの歴史ってきっと何千、何万年もありそう。            
            
そんなに長いあいだ、服をつなぎ留めてきたのですね。

 

 


                                                                                                                                                                                                                                                                                    
image  button          
         
まさかのボタンのブローチ。          
         
25mmとのことですから、けっこう大きいサイズですよ。          
         
つまりこれ、好きなところにとりつける、完全に解放されたボタンなんです。
→(ATYPYK — BUTTONさん) 
   
image  hug button          
         
→(hug button ハグをもっと自然に。ハグでもっと笑顔に。さん)          
         
ハグしてボタン同士の距離が近くなると、スマホに記録が残ったりするデバイス。          
         
つまりこれ、人同士がスイッチになってる。
via→(二人の距離が近くなり、ハグしていると認識したら電気を消したりできる衣服のボタン型デバイス -INTERNET Watchさん)  
   
image  Pechat          
         
→(Pechat(ペチャット) | すべてのぬいぐるみを、おしゃべりに。さん)          
         
まるでぬいぐるみがしゃべってるように見えるボタン型のスピーカーデバイス。          
         
つまりこれ、ボタンが命を吹き込んでる。
via→(【トレたま】ボタン型スピーカー:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京さん)  

|

« もはやふたはふたするだけじゃない | トップページ | 平面から生まれる意外なものって »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もはやふたはふたするだけじゃない | トップページ | 平面から生まれる意外なものって »