« 最近のボタンが人と人の関係もつなぎ留めてる件 | トップページ | 世界のでんぐり »

2016年4月 5日 (火)

平面から生まれる意外なものって

image
→(FOOOTY, the take-away ball to play whenever, wherever. by Jean-Pierre Raes — Kickstarterさん)

もしかしたら歴代子ども遊具第一位かもしれないアレ。
じつはけっこう場所を取ります。

それが平面の材料で組み立てられるとしたら。


image   パズルのような

この製品。イメージは、子どもが広場に一枚ずつ自分のカードを持ち寄って集まってくる感じなのです。
持ってれば自然とチームに。
→(FOOOTY, the take-away ball to play whenever, wherever. by Jean-Pierre Raes — Kickstarterさん)
via→(FOOOTY, the take-away ball to play whenever, wherever. by Jean-Pierre Raes — Kickstarterさん)  
     
image   テープで

巻けば巻くほど大きくなります。
これならゴルフボールからバスケットボールまで可能。

ま、模様が印刷されてますけどね。
via→(Make Your Own Eco-Friendly Soccer Ball with Magis Football Tape Magis Football Tape – Inhabitotsさん)    
     
image   治療キットが

入ってるボックス。

それが使用後にボールに早変わり。

ケガが治った後まで考えられたキットなのです。
via→(Dreamball by Unplug Design | Dezeenさん)    
     
image   ペーパークラフトで

組み立てられたボール。

良く考えると皮でできたボールなら材料はもともと平面なわけで。

とはいえペーパークラフトの場合、面と面との連結が難しいのです。それを見事に解決した一品。
via→(ペーパークラフト、32面体ボール : 横浜口コミ情報サイト「ハマコミ」ブログさん)    

|

« 最近のボタンが人と人の関係もつなぎ留めてる件 | トップページ | 世界のでんぐり »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近のボタンが人と人の関係もつなぎ留めてる件 | トップページ | 世界のでんぐり »