« ガラスがこれほど愛でられた時代がかつてあっただろうか? | トップページ | コクヨデザインアワード2016開催決定! »

2016年4月22日 (金)

肌色って何色?

image
via→(skin pantone tattoo | InspireFirstさん)

さいきんの絵の具では、40年ほど前には普通に入っていた「肌色」が見当たらず、当時そう呼ばれていた色は「うすだいだい色」「うすオレンジ」なんて名前になっているそうです。
「肌色」は人の数だけあるのだ、というお話。


image   パントンタトゥー

色見本なタトゥー。

入れた(貼った)人によって色が変わるタトゥーでもあるわけです。
via→(skin pantone tattoo | InspireFirstさん)  
     
image   モビルスーツを肌色に塗ってみる

デイリーポータルZ、松本圭司さんのネタから。

ガンダム放送時、スカート付きとふくらはぎの太いモビルスーツのデザインに子どもながらびっくり。
→(肌色に塗ったモビルスーツの太ももがセクシーすぎてヤバイ件 - デイリーポータルZ:@niftyさん)    
     
image   あし?くつ?

→(Jyo John mulloor on Behanceさん)

肌と同化させるこのシリーズ。

とはいえ遠い未来には、こういう人体改造が普通になっているかもしれないのです。
via→(barefoot series turns bodily extremities into fleshy footwearさん)    

|

« ガラスがこれほど愛でられた時代がかつてあっただろうか? | トップページ | コクヨデザインアワード2016開催決定! »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ガラスがこれほど愛でられた時代がかつてあっただろうか? | トップページ | コクヨデザインアワード2016開催決定! »