« 平面から生まれる意外なものって | トップページ | なぞったり、なぞられたり。 »

2016年4月 6日 (水)

世界のでんぐり

image
via→(Revista Lume Arquiteturaさん)

ハニカムペーパーとも呼ばれます。
薄い紙を接着点をずらして貼り合わせ、広げると網目状になる紙ですね。
このでんぐり、予想外で不思議な変形をするのですよ。


image   変形する照明

ぜひリンク先で動画を見てください。

でんぐりは文字通り、でんぐり返ることができるのですよ。

それを利用して照明セードのデザインを変えることができる照明。
via→(Revista Lume Arquiteturaさん)  
     
image   Honey-pop

でんぐりを使った名作といえば、吉岡徳仁さんのこの椅子。

座ることで完成する椅子なのです。
via→(未来の名作椅子|エキサイトイズムさん)    
     
image   BOOKNITURE
こんな楽しいスツールを見つけました。

閉じるとまさに本、広げるとスツールやテーブルに。

紙をタテに並べる強度が利用できる素材でもあるのですでんぐり。

via→(Portable Furniture to Shelve Next to Your Moleskine - PSFKさん)    
     
image   HONEYCOMB LAMP

共栄デザインさんのこのランプ。

でんぐりを一周まわして留めることで完成するのです。

さらにはでんぐりのスキマから漏れる優しい光。
via→(共栄デザイン / 照明器具 / HONEYCOMBLAMP(ハニカムランプ)さん)    
     
image   フレキシブルな彫像

まさかの伸び縮みする彫像。

まるで体積が増えたかのような不思議な素材ですでんぐり。
via→(Flexible Paper Sculptures by Li Hongboさん)    

|

« 平面から生まれる意外なものって | トップページ | なぞったり、なぞられたり。 »

紙を加工する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平面から生まれる意外なものって | トップページ | なぞったり、なぞられたり。 »