« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月の20件の記事

2016年4月28日 (木)

3Dプリンタのいま

image
→(IFAW avec Young & Rubicam dans vos quotidiens gratuits ! | IFAW - International Fund for Animal Welfareさん)

3Dプリンタ。
現在よりももっと安価で小型で、磨きも塗装もいらないような性能のモデルの登場を待ってるのです。いつかそうなる。

続きを読む "3Dプリンタのいま"

| | コメント (0)

2016年4月27日 (水)

紙の服がじつは可能性を広げてる件

image
→(Angie Keiserさん(@2sisters_angie) • Instagram写真と動画さん)

紙の服。
じつはものすごく実例があるのです。このカミノデザインでも過去に何度か記事にしました。
一般的には柔軟性に欠けるので服には向かない、って思われてますけど。
型紙(パターン)を正確に起こせることと縫製をしなくてもちゃんと服になるっていうメリットもあったり。

続きを読む "紙の服がじつは可能性を広げてる件"

| | コメント (0)

2016年4月26日 (火)

あこがれのモナリザ

image
via→(Mona Lisa Made from Coffee Cups | Oddity Central - Collecting Odditiesさん)

きょう、モナリザがこれほど愛される理由のひとつを発見しました。

続きを読む "あこがれのモナリザ"

| | コメント (0)

2016年4月25日 (月)

コクヨデザインアワード2016開催決定!

image
今年も開催決定!コクヨデザインアワード2016。
なんと今年で14回目だそうですよ。
いまや日本を代表するデザインコンペ、国籍の多様さでも世界のデザインコンペなのです。

そして、毎回受賞作の発表がとっても楽しみ。

続きを読む "コクヨデザインアワード2016開催決定!"

| | コメント (0)

2016年4月22日 (金)

肌色って何色?

image
via→(skin pantone tattoo | InspireFirstさん)

さいきんの絵の具では、40年ほど前には普通に入っていた「肌色」が見当たらず、当時そう呼ばれていた色は「うすだいだい色」「うすオレンジ」なんて名前になっているそうです。
「肌色」は人の数だけあるのだ、というお話。

続きを読む "肌色って何色?"

| | コメント (0)

2016年4月21日 (木)

ガラスがこれほど愛でられた時代がかつてあっただろうか?

image
→(Zoo Frankfurt – Holoquarium Case on Vimeoさん)

…であると同時に、これほどガラスに触れる時間が長かった時代もかつてないと思うのですよ。iPhone。

続きを読む "ガラスがこれほど愛でられた時代がかつてあっただろうか?"

| | コメント (0)

2016年4月20日 (水)

『鏡に中の世界なんてありませんよ』

image
→(Shirin Abediniradさん)

…と、花京院典明は言ってましたが。

今日はその、鏡の中の世界を覗いたひとたち。

続きを読む "『鏡に中の世界なんてありませんよ』"

| | コメント (0)

2016年4月19日 (火)

額縁と生活しようよ!

image
via→(Viktor & Rolf Haute Couture Autumn Winter 2015 fashionさん)

額縁。

絵画を飾るための重要な脇役ですけれど。
いや、実は額縁って使えるんだ!

続きを読む "額縁と生活しようよ!"

| | コメント (0)

2016年4月18日 (月)

額縁を鑑賞しようよ!

image
→(DIY Abstract Picture Frames | Design*Spongeさん)

額縁。

絵画を飾るための重要な脇役ですけれど。
いや、実は額縁って主役なんだ!

続きを読む "額縁を鑑賞しようよ!"

| | コメント (0)

2016年4月15日 (金)

完全に透明な家ができるかもしれない

image
via→('Transparent' i.light cement that lets light flood into a room | Daily Mail Onlineさん)

ガラスで囲まれた家っていう意味じゃなくって。

建築のための建材が、すべて透明になったとしたら。
それって構造をちゃんと担いつつ、完全に透ける家なのですよ。

続きを読む "完全に透明な家ができるかもしれない"

| | コメント (0)

2016年4月14日 (木)

UFOにさらわれる人たち

image
via→(Brilliant Concept Milk Packaging That Pays Homage to the Legend of the Alien Abducted Cowさん)

今日はUFOさらわれモチーフデザインです。

このデザインが楽しいのは、重力の逆転が起こってるところかも。
その柱として、例の謎の怪光線が使われているのです。

ところで日本では人が、海外では牛がよくさらわれるんですね知りませんでした。

続きを読む "UFOにさらわれる人たち"

| | コメント (0)

2016年4月13日 (水)

矢印のその先へ

image
via→(Design & Build Per 7/8 Fall 2012 - August 2012さん)

矢印。
その角度が方向を、先端が向きを、長さが距離を示したりも。
ものすごく単純な記号なのに。

続きを読む "矢印のその先へ"

| | コメント (0)

2016年4月12日 (火)

組み合わせると、まったく新しい楽しさが生まれる件

image
→(切手のこびと | 手紙に物語を沿えるスタンプ・はんこ |さん)

もともとある○○に組み合わせると、
まったく新しい機能とか楽しさが生まれちゃう例。

続きを読む "組み合わせると、まったく新しい楽しさが生まれる件"

| | コメント (0)

2016年4月11日 (月)

魔法のじゅうたんが実在する件

image
via→(Aladdin And Jasmine Ride Flying Carpet In San Francisco | Geekologieさん)

考えてみると、じゅうたんが空を飛ぶってすごい発想だと思いませんか。

続きを読む "魔法のじゅうたんが実在する件"

| | コメント (0)

2016年4月 8日 (金)

ラグは現代の石庭なのかもしれない件

image
→(Alexandra Kehayoglouさん(@alexkeha) • Instagram写真と動画さん)

いわゆる枯山水は、水を用いない水の表現。石と砂の山水再現なのです。

それって現代では、ラグマットなのかもしれないですよこれ。

続きを読む "ラグは現代の石庭なのかもしれない件"

| | コメント (0)

2016年4月 7日 (木)

なぞったり、なぞられたり。

→(amazon箱の中敷きで箱を手作りするテンプレートの使い方 ギフトボックスの型紙が自分で描けます - YouTubeさん)

もしかしたらタイプライターもワープロもパソコンだって、美しくトレースする技術の追求だったのかもしれないのです。

今日は「なぞる行為」についての3題。

続きを読む "なぞったり、なぞられたり。"

| | コメント (0)

2016年4月 6日 (水)

世界のでんぐり

image
via→(Revista Lume Arquiteturaさん)

ハニカムペーパーとも呼ばれます。
薄い紙を接着点をずらして貼り合わせ、広げると網目状になる紙ですね。
このでんぐり、予想外で不思議な変形をするのですよ。

続きを読む "世界のでんぐり"

| | コメント (0)

2016年4月 5日 (火)

平面から生まれる意外なものって

image
→(FOOOTY, the take-away ball to play whenever, wherever. by Jean-Pierre Raes — Kickstarterさん)

もしかしたら歴代子ども遊具第一位かもしれないアレ。
じつはけっこう場所を取ります。

それが平面の材料で組み立てられるとしたら。

続きを読む "平面から生まれる意外なものって"

| | コメント (0)

2016年4月 4日 (月)

最近のボタンが人と人の関係もつなぎ留めてる件

 

                                                                           
image
→(ATYPYK — BUTTONさん)
          
ファスナーが線で留める道具なら、ボタンは点です。            
でもボタンの歴史ってきっと何千、何万年もありそう。            
            
そんなに長いあいだ、服をつなぎ留めてきたのですね。

 

続きを読む "最近のボタンが人と人の関係もつなぎ留めてる件"

| | コメント (0)

2016年4月 1日 (金)

もはやふたはふたするだけじゃない

image

via→(刃は瓶ジュースのキャップ。DIYな小型電動ノコギリ : ギズモード・ジャパンさん)

ふた。

日本のようなカバー文化のある国ではフタ文化も。
風呂フタなんて世界に例があるのかな。

とはいえ世界でも、フタは特別な意味をもつものになってるようですよ。

続きを読む "もはやふたはふたするだけじゃない"

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »