« 触手がすぐそこまで忍び寄ってる件 | トップページ | ダンボールでこんなもの作っちゃった人たち »

2016年3月30日 (水)

カットされたフルーツのパッケージ表現

image
via→("Perfect Slice of Summer" tissue boxes — The Dieline - Branding & Packagingさん)

フルーツまるごとを表現した名作パッケージなら、深澤直人さんのドリンクパッケージがすぐ思い浮かびます。

今日はカットされた果物の表現。


image   1/6カット テント型

このカタチ、スイカの表現にピッタリです。

三角のイメージが強いので、底面を平らにしても大丈夫。

ところでティッシュボックスとのことですが、ティッシュはどうやって入ってるのか想像すると楽しい。
→(Hiroko Sanders Illustration + Designさん)
via→("Perfect Slice of Summer" tissue boxes — The Dieline - Branding & Packagingさん)  
     
image   1/6カット 丸い側面

パッケージで丸く作るのは難しいのです。

なのですが、ホンモノの果物なら球の一部になりますがこれなら円筒の一部でも大丈夫。

とはいえここを丸くするだけで、ものすごくフルーツ感でますね。
via→(Student Spotlight: Strange Fruit — The Dieline - Branding & Packagingさん)    
     
image   1/12カット テトラパック

こちらも丸く作ってありますが、上下に切断する例は珍しいと思うのです。

つまりテトラパックに近いかたち。

なのにものすごくフルーツ感を出せる形状なのです。
via→(Шедевры креативной упаковки — Интересное — Релакс!さん)    

|

« 触手がすぐそこまで忍び寄ってる件 | トップページ | ダンボールでこんなもの作っちゃった人たち »

紙を加工する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 触手がすぐそこまで忍び寄ってる件 | トップページ | ダンボールでこんなもの作っちゃった人たち »