« 身近い惑星 | トップページ | カツラを被ることがファッションであるっていう事実 »

2016年3月 9日 (水)

マトリョーシカが内部構造である件

image
→(BLOKOSHKA on Behanceさん)

マトリョーシカ。
中にちょっと小さい人形が入れ子に入ってる民芸品ですが。

現代のマトリョーシカには、中に何が入ってるんでしょうか。


image   BLOKOSHKA

ビルにビルが入ってる組み立てキット。

ぜひリンク先でその美しいディテールをチェックしてみてくださいな。

ビルディングは巨大な皮なのかもしれません。
→(BLOKOSHKA on Behanceさん)  
     
image   マト良子

Tokyo Midtown Award 2013の優秀賞、吉原氏デザインの作品です。

この年のテーマは「まん中」でした。

 

マトリョーシカ、開けてみるまで中身はわからないものなのです。

via→(Tokyo Midtown Award 2013|デザイン & アート|東京ミッドタウンさん)    
     
image   Save the Russian Arctic

北極の氷とホッキョクグマ。

開けていくとだんだん氷が小さくなって…

マトリョーシカをストーリー展開に利用したアイデア。

小さくなる、がちゃんと利用されています。
via→(マトリョーシカを使って減少する北極の氷を表現「Save the Russian Arctic」 | mifdesign_antennaさん)    

|

« 身近い惑星 | トップページ | カツラを被ることがファッションであるっていう事実 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 身近い惑星 | トップページ | カツラを被ることがファッションであるっていう事実 »